【※現在、サイト内容を大幅に更新作業中です】

うつ病、パニック障害を自力で克服する方法などあるのだろうか?

本サイトのタイトルを見て、そのような思いを抱いた方、いらっしゃるのではないでしょうか?
管理人は病気のときに、「この病気は本当に治るのだろうか?」
よくそのような思いを抱いたものでした。

診断を受けた当時の管理人の状態は、
心は不安と恐怖で占められ、体はだるく、重くて布団から起きられない。

呼吸はいつも息苦しく、首や肩、背中は固く凝っていて、体全体が緊張している。
手足は冷えて、痺れたりする。
食べ物は喉が詰まるようで通らず、いつも吐き気に悩まされている。

挙句には電車でパニック発作を起こして、家からの外出もできない。
自分はこのまま意識がどうにかなって、死んでしまうのではないかという恐怖、など。

そのような状態でした。

周囲にうつ病、パニック障害が治ったという人はおらず。
どのように治るのかもわかりませんでした。

そのような手探り状態でしたが、克服することができました
そして、うつ病は根治が難しいといわれる中、20年以上症状なし、再発なし

理由としては、そのような意識づけができているからと感じています。

言い換えれば、うつ病、パニック障害で揺らがない心の基礎工事ができているということです。

そして、完全な克服には、ここのところが一番大切だと思っています。
→意識づけの方法とは 【CHECK】うつ病、パニック障害で揺らがない心にするために

そのほかにも、克服した体験を通じて、結果としてこれは良かったと感じた方法を紹介しています。例えば、呼吸法などです。
→症状に対処するため修得した呼吸法とは
【CHECK】うつ病、パニック障害を克服するときに修得した呼吸法

この病気を克服する過程では、いろいろなものを体験しました。
書籍も多く読みました。

それらの中で、完全に治す、克服に役に立ったというものは一握りです。

最初から知っていれば、もっと早く克服できたかもしれない。
もっと効率良く知ることができたなら。

そうした思いがあり、このサイトを作りました。

管理人がこの病気になったのは大学生のときでした。

本来であれば、楽しく充実して過ごせたであろう時期に、この病気によって多くの時間を取られてしまったことは残念なことです。

皆さんの大切な時間を失わせないためにも、このサイトの情報が役立つことがあれば。

そのように思っています。

なお、注意点としてこのサイトでは、いわゆる一般的な方法の紹介はしていません。

つまり、うつ病、パニック障害の医学的な病理、薬の解説などです。

これらに関する情報は、ネットで検索すれば優れたサイトは多くあります。

このサイトでは、実際に管理人が克服した体験を通じて得た方法を紹介しています。

内容として、一般にはうつ病、パニック障害と関連づけて語られないものも多くあります。

しかし一般的には語られない、このサイトだけでの情報を提供する。

それが強みであると思っています。

管理人も本サイト以外の一般の場では、こういうお話しはしていません。

そしてもう1つ。

方法の中には、精神世界(スピリチュアル)の手法をもとにしたものがあります。

しかし、それを紹介すること、勧誘することを目的にしていません。

あくまでうつ病、パニック障害を克服する方法を紹介する。

これが目的です。

精神世界をネタにしたものも、できるだけ中立に、誰でも使える技術として紹介するようにしています。

この分野に抵抗がある方も、お目通しいただければ幸いです。

(なお、関心のある方のため、参考として元ネタをまとめた記事も作成しています。)

うつ病、パニック障害の期間など

・大学2年在籍時、うつ病、パニック障害と診断。自宅からの外出もできなくなる。
・1年ほどで外出ができるように、診断から3年ほどで病気を克服。

詳細は以下を参考にしてみてください。
→ 【閲覧注意】病気だったときの症状
(皆さんと同じような症状、おそらくあると思います)

メイン記事の内容

うつ病、パニック障害で揺らがない心にするために
この記事では、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。管理人の体験から、完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。
丹田に気を入れる|体の悪い気を出す
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。なぜ「悪い気を出す」神道の禊がおすすめなのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。
うつ病、パニック障害でツライカラダにおすすめのグッズ
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。
うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする意識づけの元ネタについて
この記事では、管理人が「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。古神道などの内容を含みます。また、あわせて本の紹介をしています。

症状別記事の内容

息苦しさの克服に役立った方法について
うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。
食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖の克服に役立った方法について
この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。
自律神経失調症の克服に役立った方法について
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。
HSPの傾向の克服に役立った方法について
HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。症状ではなく気質を指す言葉ですが、やはり苦しいものです。この記事では、管理人がHSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。

関連記事の内容

心を根本からポジティブに転換する方法:中村天風氏のエピソードから
「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、こうした否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服するきっかけとなったエピソード
「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」 そういう疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、きっかけとなったエピソードを紹介しています。
気功と神道の「気」と「効果」の違いについて
この記事では、記事「丹田に気を入れる|悪い気を出す」において、気功の丹田呼吸、悪い気を出す方法として神道の禊を紹介したことに関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の「気」の違いをお話しします。
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んでみて|その意識の置き方
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んで、自らのうつ病、パニック障害を克服するときに気づいた点との関連を紹介しています。普段の意識の置き方や、呼吸法の理解にも役立つと思います。
愛を意識することによる気の流れの変化について|胸の気の滞りを解消する
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに、胸の不快感が愛を通じて世界を見ることで変化があったエピソードを紹介しています。また、それに関連して、そのときの気の流れなどを考察をしています。

克服過程の記事の内容

うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅰ ー 診断を受けるまで ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、まず管理人が病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅱ ー通院、カウンセリングと投薬治療ー
この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。大学復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅲ ー 気功との出会い ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅳ ー 気功と呼吸 ー
この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途Ⅴ ー 波動水療法の顛末 ー
前回の気功と並行して、波動水療法を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。

※ 広告の下にあるパネルからも記事に入れます。


Sponsored Link

うつ病、パニック障害の方などの企業マッチングによる就労支援をされているサイトです。
専任スタッフの支援のもとで職業体験を通じて、正社員として働くことを目指します。

この記事では、サイトの管理人がうつ病、パニック障害と診断されたときの症状をまとめています。同じような症状のある方は、このサイトで紹介している方法を試してみてください。なお、病気の方でご覧になる際は、無理をなさらないでください。

この記事では、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。管理人の体験から、完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。

この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。なぜ「悪い気を出す」神道の禊がおすすめなのか。その理由と方法を ...

この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。

この記事では、管理人が「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。古神道などの内容を含みます。また、あわせて本の紹介をしています。

この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。

うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。

この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。

この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。

HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。この記事では、管理人がHSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。なお、HSPはうつ病、パニック障害などの病気の症状ではなく、気質を指す言葉です。

「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。

「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」 そういう疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、きっかけとなったエピソードを紹介しています。

この記事では、記事「丹田に気を入れる|悪い気を出す」において、気功の丹田呼吸、悪い気を出す方法として神道の禊を紹介したことに関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の「気」の違いをお話しします。

藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んで、自らのうつ病、パニック障害を克服するときに気づいた点との関連を紹介しています。普段の意識の置き方や、呼吸法の理解にも役立つと思います。よろしければ参考にしてみてください。

この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに、胸の不快感が愛を通じて世界を見ることで変化があったエピソードを紹介しています。また、それに関連して、そのときの気の流れなどを考察をしています。

管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、まず管理人が病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。

この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。大学復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。

管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。

この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。

前回の気功と並行して、波動水療法を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。