【愛は心を救う?】愛を意識することによる気の流れの変化について

2021年5月12日

管理人は、うつ病、パニック障害だったとき、いつも吐き気があって、胸(みぞおちの上部)に灼けるような不快感がありました。胃液が逆流するような不快感です。

肉体的に見れば、それは食道や胃の不調ということになるのだろうと思います。

しかし病院の内科でレントゲンなどで検査しても何の異常もありませんでした。

うつ病の方などで同様の経験談をよく耳にします。

ところが、実際、「愛」を通して世界を見るということを意識してから、これらの症状は軽減する感覚がありました。

この方法を取り入れたきっかけは、インドのサティア・サイババの書籍にあった「愛という眼鏡をかけて世界を見る」とうフレーズでした。

その言葉どおり、愛という眼鏡のレンズを通して世界を見たところ、体感的な変化をすぐに感じました。特に、体に温かな感覚を感じるとともに、心がゆるむ感覚があります。

気の視点で感じれば、胸にあった詰まりが無くなり、体全体に気がめぐるようになっている。

普通、「愛」という性質と、肉体の症状を関連づけて捉えることはないかもしれません。
しかし果たしてそうなのでしょうか。




「愛」という言葉は、キリスト教でも最も重要なキーワードですが、仏教でも同様の内容を指す「慈悲」、儒教の「仁」といった言葉は、やはり最も重要なキーワードになっています。

世界の様々な文化によって表現は異なりますが、いずれも最も重要と扱われていることは、注目に値することだと思います。

また、インドでは古来、人の体には、頭頂から股まで縦に並んで7つのエネルギースポットがあると言われています。

そのチャクラのひとつ、胸のチャクラ(アナハタチャクラ)は、愛と調和の性質に関係していると言われています。

つまり、愛を通して世界を見ることで、不活性な状態にあった胸のチャクラが活性化されることも考えられます。

同じような症状のある方。
よろしければ試してみてください。

【関連の記事】

うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする方法として、自らの本質に意識を置く。
うつ病、パニック障害を克服した体験を通じて、管理人が最も重要だと感じる方法です。
【CHECK】うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために