気功と神道における気の体感の違いについて

2022年9月25日

丹田に気を入れるには|体から悪い気を出すには の記事で、体に気を入れる方法として気功の丹田呼吸、体から悪い気を出す方法として神道の禊を紹介しました。

ところで、両者で一括りに「気」という言葉を使っていますが、そこに違いはないのか?

そこで、管理人が感じた両者の「気」の違いと、そこから感じる「効果」の違いについて、簡単にお話ししたいと思います。
(あくまで管理人個人の体感ですが。)

気功で感じる「気」は、神道と比較すれば、重く、温かい感じを受けます。

気功の方法の印象は、動作や呼吸によって、「気」を体全体に押し流して詰まりや淀みをとっていくという感じを受けます。

卑近な言い方をすれば、水道管が詰まったときに、業者が高圧ジェットを流して詰まりを取り除きます。同様に、気功は体の気の詰まりを押し流して取り除いていく。そんなイメージです。

気功の動作は、ゆったりとして穏やかですが、しかしそこに流れる「気」のエネルギーは重く、なかなか力強いという印象です。



神道から受ける「気」は、涼しく透明感があり、微細な感じを受けます。温かさはあまり感じません。

やはり人が発している「気」とは異なる感じです。
「神気」という言い方をしたりしますね。

神道は浄めの作法だと言われますが、禊も含め、神道の作法は、体の重く淀んだ悪い「気」(邪気)を出していく。そして、体の中を清浄な「気」にしていくという感じを受けます。

コップの中の濁った水を清流の水に入れ替えていく。そんなイメージです。

両者の違いを音に例えれば、気功の「気」は力強い低音、神道の「気」は澄明な高音という感じです。(逆にわかりにくかったらすみません。)

以上が、管理人の個人的な体感によるものですが、気功と神道の「気」の感じ方の違いです。
なお、どちらが良い悪いというものではありません。

このサイトでは、「気功」と「神道の禊ぎ」といったように、系統が異なる方法を紹介していますので、一貫性がなく、まとまりがないと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

気功と神道など系統の異なる方法では、気の性質を含め、体感に大きな違いがあります。

管理人は気功→神道の行道という順で体験しました。

気功では体をリラックスさせて、強張りを取るという点で得るものがありました。
そして心も落ち着きました。

神道の行道では、体のだるく重い気、モヤモヤしたものを取るという点で得るものがありました。
心も軽くクリアになる。

人によって、症状によって、どちらが心地良いと感じるか変わってくると思います。

また、管理人の体験からすれば、一方の方法でなかなか改善しなかった症状が、別の方法で改善するということもあります。

そのため、いろいろな方法を紹介しています。

皆さんも行う場合には、自分の心や体で効果を確認しながら選んでいただくのがよいのではないでしょうか。


著者・管理人:柊 基博(Hiiragi Motohiro)


Sponsored Link

以下は、本サイトが公開している記事とその概要になります。記事をご覧になるときには、タイトル部分(青)をクリックしてください。

メイン記事

うつ病、パニック障害で揺らがない心にするために
この記事では、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。管理人の体験から、完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。
気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。

症状別記事

息苦しさの克服に役立った方法について
うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。
食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖の克服に役立った方法について
この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。
自律神経失調症の克服に役立った方法について
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。
HSPの傾向の克服に役立った方法について
HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。症状ではなく気質を指す言葉ですが、やはり苦しいものです。この記事では、管理人がHSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。

克服過程の記事

うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅰ ー 診断を受けるまで ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、まず管理人が病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅱ ー通院、カウンセリングと投薬治療ー
この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。学生生活復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅲ ー 気功との出会い ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅳ ー 気功と呼吸 ー
この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途Ⅴ ー 波動水活用の顛末 ー
前回の気功と並行して、波動水の活用を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。

(克服過程の続きは現在、作成中です)

補助グッズの記事

うつ病、パニック障害でツライカラダにおすすめのグッズ
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。

関連記事

心を根本からポジティブに転換する方法:中村天風氏のエピソードから
「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、こうした否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服するきっかけとなったエピソード
「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」 そういう疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、きっかけとなったエピソードを紹介しています。
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んでみて|その意識の置き方
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んで、自らのうつ病、パニック障害を克服するときに気づいた点との関連を紹介しています。普段の意識の置き方や、呼吸法の理解にも役立つと思います。
愛を意識することによる気の流れの変化について|胸の気の滞りを解消する
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに、胸の不快感が愛を通じて世界を見ることで変化があったエピソードを紹介しています。また、それに関連して、そのときの気の流れなどを考察をしています。
うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする意識づけの元ネタについて
この記事では、管理人が「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。古神道などの内容を含みます。また、あわせて本の紹介をしています。
気功と神道における気の体感の違いについて
この記事では、記事「丹田に気を入れる|悪い気を出す」において、気功の丹田呼吸、悪い気を出す方法として神道の禊を紹介したことに関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の「気」の違いをお話しします。

現在公開している記事は、以上になります。