Q&A

2023年5月21日

この記事では、メイン記事で紹介している方法の補足やその他の情報を、Q&A形式で紹介しています。参考にしていただければ幸いです。

Q 呼吸法を順序立てて知るためには、どの記事を参照したらよいか。

管理人が病気を克服する過程で修得した呼吸法については、メイン記事「うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法」(→記事)で主なポイントを紹介し、方法の詳細は、著書「うつ病、パニック障害を克服した体験による呼吸法」(Amazon)で紹介しています。

また、呼吸法へと至る前提となったきっかけと気づきについて、メイン記事「気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法」(→記事)でまとめています。上記で紹介する呼吸法は、この気づきの流れで生まれてきたものです。このため、呼吸法をお知りになりたい方も、まず最初にこちらの記事をご覧いただくことをお勧めします。

なお、先ほどの著書は、以上の内容をすべて含んだものとなっています。

このほか、関連記事になりますが、「藤平光一著『中村天風と植芝盛平 氣の確立』を読んでみて|その意識の置き方」(→記事)を併せてご覧いただくことをお勧めします。意識の置き方による方法を紹介していますが、呼吸法と併せて行うことで、より効果があることを期待します。

(こちらは管理人の体験を基にした方法ではなく、また、最近拝読して知った内容であるため関連記事に分類していますが、呼吸法と共通する部分もあり、ご覧いただければ参考になる部分もあるのではないかと思います。)

Q 「流水を使用して行う方法」は、冷水でなくてはならないか。

メイン記事「気を丹田に下げることで症状を落ち着かせる方法」(→記事)で紹介している方法で、自宅のシャワーなどで体に水を当ててながら行いますが、体に支障ある方などは、ぬるま湯で行って構いません。なお、冷水で行った方がすっきりした感覚を得やすいということはあります。

このほか、熱めの湯で流すという方法もあります。火傷する熱湯はもちろ外ですが、流し終わった後に皮膚が少しヒリつく程度の湯で、体の不快感を流していくものです。なお、湯気が籠らないよう換気扇を回すなどして行ってください。

管理人の場合は入浴した際にこの方法を行ったりしていました。負担なく継続できる形で行っていただければと思います。

Q 克服の過程で食事の制限を行ったか。

もともと症状として食欲不振、吐き気などがあって少食だったため、食事の量や種類を制限することはしませんでした。気功などで症状が改善し、ある程度普通の食事ができるようになった後も行いませんでした。

一時、(当時は大学生だったにもかかわらず)症状の苦しさからアルコール依存気味だったことがあるのですが、メイン記事で紹介する方法によって心の状態が安定するに従い、度合いも自然に減っていき、解消されました。

Q 着衣について配慮したことはあるか。

身につける服の素材については、いろいろな情報を知ってから配慮したことはあります。綿素材100%のもの、あるいはヘンプと呼ばれる素材のものを利用していました。

綿素材については体に負担が少なく、やはり着ているときに気が流れやすく感じること、そしてヘンプについては重いエネルギーを吸い取りやすいと聞いたことがあったためです。なお、ヘンプとは麻の中でも大麻で織った布のことです。

過度にこだわりすぎる必要はないと思いますが、参考まで紹介させていただきます。

Q 寝具について配慮したことはあるか。

枕、布団などの寝具については、肩が非常に凝っていたことや、寝た後でも体のだるさが残っていたことなどから、周囲のいろいろな情報をもとに見直しをしました。

見直しをする以前は、枕はいわゆる一般で市販されている大きさのもので、頭を置いたときに顎がやや下向きになるもの、そして柔らかめのベッドを利用していました。

その後、枕については、むつう整体の情報から、仰向けに寝たときに頭から顎のラインが(下向きにならず)水平に近くなることが良いと聞いたため、市販のものを止めてバスタオルを折って高さを調整して利用するようになりました。

また、疲れが取れやすくなるよう、柔らかめのベッドではなく、畳敷きの上に布団を敷いて寝るようにしました(やや堅めとなります)。寝たときの感覚はかなり異なり、体のだるさの改善などに効果があったのではないかと思います。

過度にこだわりすぎる必要はないと思いますが、参考まで紹介させていただきます。

 

現在公開している内容は、以上になります。(適宜、追加していく予定です。)


著者・管理人:柊 基博(Hiiragi Motohiro)


Sponsored Link

以下は、本サイトが公開している記事とその概要になります。記事をご覧になるときには、タイトル部分(青)をクリックしてください。

メイン記事

うつ病、パニック障害で揺らがない心にする方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。
気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。
《内》と《外》との認識を利用して症状を除く方法
認識の方法を変えることによって、症状から受ける感覚が変わるということがありました。《内》からと《外》からという認識の違いを利用して、管理人が行っていた方法を紹介しています。
ポジティブシンキングよりも簡単に心を前向きにする方法
この記事では、物事を積極的に解釈するポジティブシンキングよりも簡単に心を前向きにする方法として、管理人が行っていた方法を紹介しています。
《否定的暗示》から影響されないようにする方法
この記事では、日常に潜む《否定的暗示》がどのようなものなのか、そしてその影響を受けなくする方法についてお話ししています。

症状別記事

息苦しさの克服に役立った方法について
うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。
食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖の克服に役立った方法について
この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。
自律神経失調症の克服に役立った方法について
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。
HSP(Highly Sensitive Person)の傾向の克服に役立った方法について
HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。症状ではなく気質ですが、やはり苦しいものです。この記事では、HSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。

克服過程の記事

うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅰ ー 診断を受けるまで ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、発症してから病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅱ ー通院、カウンセリングと投薬治療ー
この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。学生生活復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅲ ー 気功との出会い ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅳ ー 気功と呼吸 ー
この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途Ⅴ ー 波動水活用の顛末 ー
前回の気功と並行して、波動水の活用を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。

(克服過程の続きは現在、作成中です)

補助グッズの記事

うつ病、パニック障害でツライカラダにおすすめのグッズ
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。

関連記事

「揺らがない心にする方法」によってなぜ克服できたのか
この記事では、メイン記事「うつ病、パニック障害で揺らがない心にする方法」で紹介している方法によって、なぜ病気を克服することができたのか。病気を克服する前後で変わったことなど、管理人が思うところををお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するきっかけとなったエピソード
「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、克服に向かうきっかけとなったエピソードを紹介しています。
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んでみて|その意識の置き方
本著で紹介している意識の置き方は、メイン記事でお話しした管理人の体験による「気の視点」からの気づきと共通性があるように感じられました。メイン記事の呼吸法などにも参考になると思います。
心を根本からポジティブに転換する方法:中村天風氏のエピソードから
「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、こうした否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。
愛を意識することで胸の気の滞りを解消するという体験をした
胸のあたりの不快な症状に対して、愛を意識するようにしたときに身体の気の流れが変わって、改善に効果を感じたというお話しを紹介しています。
うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする意識づけの元ネタについて
この記事では、「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。神道などの内容を含みます。
気功と神道における気の体感の違いについて
この記事では、管理人が克服する過程で体験した気功と神道の修練に関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の気の体感の違いをお話しします。

その他記事

Q&A
この記事では、メイン記事で紹介している方法の補足やその他の情報を、Q&A形式で紹介しています。内容は適宜、追加していきますので、ご参考いただければ幸いです。

現在公開している記事は、以上になります。