息苦しさの克服に役立った方法について

2022年11月25日

病気だったときに苦しんだ症状に、息苦しさがあります。呼吸が浅く早い状態となり、ゆっくり息をしようとしてもできず、息苦しく感じるというものです。

息苦しく感じるため、息を吸おうとするのですが吸い込むことができません。息を吸い込めないのは十分に吐いていないからだと言われ、吐こうとするのですが吐くこともできません。

吸い込めないのでさらに息苦しく感じることになり、心が不安と焦りに陥ってさらに呼吸が浅く早くなるという悪循環に陥ってしまうこともありました。

このほか、息を吐いた後でも胸に空気が残っている感覚が続いたり、自分の呼吸が気になって常に意識が向いてしまうということもありました。

息苦しいという症状は一般でもよく耳にするもので、ご覧になられている方には、同じ経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

管理人は病気を克服してから症状はすべてなくなりましたが、息苦しさについては、その原理と対処法に気づいた後には、特に悩まされることがなくなりました

その気づいた内容として、息苦しいと感じるときの自分の状態がどのようなものであり、対処法としてメイン記事のどの方法を行えば良いのかお話ししたい思います。

息苦しいと感じるときの状態と対処法

息苦しいと感じるとき、自分がどのような状態にあるのか。自らの体験を通じて気づいた、その原理を以下にお話ししてみたいと思います。

まず、息苦しいと感じるときに自分がどのような呼吸をしているのか。先ほどお話ししたように、呼吸は浅く早い状態になっています。深くゆっくりした呼吸をしようとしてもすることができません。

注意するポイントは、このときの呼吸の方法が、肩呼吸(胸の上部でする呼吸)になっていることです。息苦しいと感じるとき、自分がどのように呼吸をしているか確認してみてください。

息苦しさから息を吸い込もうとするときに、懸命に肩をあげたり、胸を膨らませて吸おうとします。しかしこの方法では吸い込むことができません。

なぜ息を吸い込むことができないのか。

気づいたきっかけは、気功(易筋行気法)を体験したときのことです。気功の基本的な呼吸法に丹田呼吸があります。一般にも知られているので、ご存じの方もおられるかもしれません。

丹田呼吸を簡単に紹介すれば、丹田とは臍下あたりの一体を指し、この丹田に意識を置いてゆっくり腹式呼吸するというものです。

そして丹田呼吸とは、体の気を丹田に下げる呼吸法です。なぜ丹田に下げるのかと言えば、丹田は体の気のエネルギーの根源であるとともに、循環させるポンプであるためです。

この丹田呼吸のあり方と比べてみることで、息苦しいときどのような状態なのか、普段の自分がどのように呼吸をしているかについて、自覚することができました。

浅く早い胸呼吸というのは、丹田呼吸のゆっくりした腹式呼吸とは逆のことをしています。また、丹田呼吸では意識を下腹部の丹田に置きますが、普段の自分の意識は常に否定的な想念、感情等で過熱した状態の頭など、体の高いところにあります。

そして丹田呼吸を行うとき、肩、腕、胸などの上体は自然にリラックスした形となります。試しにこれら上体に力を入れたまま腹式呼吸をしようとしてもできません。

丹田呼吸の逆ということは、気は頭の方へ上がっていき、上体はさらに緊張することになります。上体が緊張すれば固くなり、息を吸い込むことはできません。肩を上げたり、胸を膨らませたりすることは、この傾向を強くするだけなのです。

また、気が頭に上がるということは、丹田に無くなって体に循環しなくなることを意味します。さらに体の緊張は気の通りを悪くします。手足の冷えなど、他の症状をもたらすことにつながります。

息を吸い込むためには、肩を上げたり胸を膨らませたりするのではなく、呼吸法を変えなくてはならないということです。そして、気を丹田に下げるだけでなく、普段の逆の状態を改善するうえでも丹田呼吸は効果的だということです。

これらの気づきと丹田呼吸の方法をまとめたものが、以下のメイン記事になります。ご興味のある方は、ご覧いただけければ幸いです。

気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。

さらにこのほか、管理人が自ら修得した呼吸法があります。修得した経緯は、以下のようなものです。

管理人は病気のときにパニック障害がありましたが、外出先などで発作は突然にやってきます。また、息苦しさや吐き気などの症状も、突然に強くなったりすることがありました。

丹田呼吸は優れた方法だと感じていますが、繰り返し行うことで効果が徐々に現れてくるものです。電車の中や外食中、人混みの中で症状が現れたとき、迅速かつ効果的に対処できる方法が必要です。

また、息苦しさのほか、否定的な想念や感情、上体の緊張、吐き気など気が上がる要因となることが複合して重なっており、かなり気が上がりやすい状態にあったと感じています。

先ほどお話しした気づきの内容に加えて、これらの課題の解決を図りながら自ら修得したものが、以下のメイン記事で紹介している呼吸法になります。ポイントは、より効果的に気を丹田に下げることです。

なお方法はシンプルであり、いつでもどこでもできる方法です。体を動かすこともありません。ご興味のある方は、ご覧いただければ幸いです。

うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。

この呼吸法によって、息苦しいと感じるときであっても息を吸い込むことができるようになり、息苦しさに対処できるようになりました。そして、対処法を知っていることが心に安心感をもたらし、症状を気にすることがなくなり、やがて症状が消滅していったように思います。

この記事をご覧になった方が、これらの対処法を紹介した記事によって、同様に息苦しさという症状から解放されることを願っております。

今回の記事は、以上になります。ご覧いただきありがとうございました。


著者・管理人:柊 基博(Hiiragi Motohiro)


Sponsored Link

以下は、本サイトが公開している記事とその概要になります。記事をご覧になるときには、タイトル部分(青)をクリックしてください。

メイン記事

うつ病、パニック障害で揺らがない心にするために
この記事では、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。管理人の体験から、完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。
気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。

症状別記事

息苦しさの克服に役立った方法について
うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。
食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖の克服に役立った方法について
この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。
自律神経失調症の克服に役立った方法について
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。
HSPの傾向の克服に役立った方法について
HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。症状ではなく気質を指す言葉ですが、やはり苦しいものです。この記事では、管理人がHSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。

克服過程の記事

うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅰ ー 診断を受けるまで ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、まず管理人が病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅱ ー通院、カウンセリングと投薬治療ー
この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。学生生活復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅲ ー 気功との出会い ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅳ ー 気功と呼吸 ー
この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途Ⅴ ー 波動水活用の顛末 ー
前回の気功と並行して、波動水の活用を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。

(克服過程の続きは現在、作成中です)

補助グッズの記事

うつ病、パニック障害でツライカラダにおすすめのグッズ
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。

関連記事

心を根本からポジティブに転換する方法:中村天風氏のエピソードから
「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、こうした否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服するきっかけとなったエピソード
「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、克服に向かうきっかけとなったエピソードを紹介しています。
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んでみて|その意識の置き方
藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」を読んで、自らのうつ病、パニック障害を克服するときに気づいた点との関連を紹介しています。普段の意識の置き方や、呼吸法の理解にも役立つと思います。
愛を意識することによる気の流れの変化について|胸の気の滞りを解消する
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害だったときに、胸の不快感が愛を通じて世界を見ることで変化があったエピソードを紹介しています。また、それに関連して、そのときの気の流れなどを考察をしています。
うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする意識づけの元ネタについて
この記事では、「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。神道などの内容を含みます。
気功と神道における気の体感の違いについて
この記事では、管理人が克服する過程で体験した気功と神道の修練に関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の気の体感の違いをお話しします。

現在公開している記事は、以上になります。