ソシュールの言語哲学を知ったら世界観が変わった

2024年1月6日

言語哲学なんて、病気の克服とは関係なさそうに思うかも入れませんが、興味のある方は以下のお話しにお付き合いいただければと思います。

「言語論的転回」という言葉があります。哲学などに興味のある方はご存じかもしれません。これは「コペルニクス的転回」という言葉になぞらえて使われる言葉です。コペルニクス(1473-1543)は、天動説に対して地動説を唱えた、中世の天文学者です。

時間の経過とともに夜空の星が動くのは、地球の上の天が動いているからという天動説に対して、そうではなく地球そのものが動いているからという地動説は、基盤を180°変える、転回させるものでした。そしてこれによって、天動説という凝り固まった世界の認識を脱することができたとも言えます。

「言語論的転回」とは、「言語」を通じて同じように世界の基盤が転回ということになります。

私が病気だった大学生の時分、フランスの言語哲学者であるF・ソシュール(1857-1913)の主著『一般言語学講義』(もちろん訳本ですが)を読む機会があって知りました。なお、特に仏文学や哲学の専攻ではなかったのですが、思想にまつわる本を読むのが好きだったこともあり、触れる機会がありました(最近は読まなくなりましたが)。

このソシュールの言語哲学によって「言語論的転回」がもたらされたとされていますが、その内容は次のようなものです。

「言葉」とは、認識した対象物があって、それを指し示すラベルのような道具と捉えていたのですが、そうではなく、逆に、認識とは「言葉」を通して行われているというものです。もっと踏み込んで言えば、我々が認識している世界とは、「言葉」そのものだということです。

具体的な例を挙げてみます。虹ははたして何色に見えるか? というものです。

普通、虹は七色だと言われます。(もちろん細分化しようとすれば、例えば山吹色とか、藤色とかにわけて認識することもできます。)しかし世界中の人がそうであるわけではなく、例えば我々の世界とのアクセスがない人々の中には、虹を三色と認識する人達もいました。この場合、虹を三色以外に分ける色の言葉がなく、認識していないということです。

別のものと認識するためには、別の「言葉」が存在し、その「言葉」を通して対象物を認識しています。このとき「言葉」と対象物とは一体であり、不可分の存在です。「言葉」がなければ、別個の対象物として認識されないということです。

ここまで抽象的な話が続いてきて恐縮なのですが、病気との関連で言えば私はこの言語哲学を知ったとき、どこか安心感を得たことをよく憶えています。

誤解を恐れずに言ってしまえば、私が認識している世界というのは、「言葉」によって差別化した人為的なレンズを通して認識した世界であり、その種の《歪み》を持っているということです。そして、認識される対象物というのは「言葉」を通したもので、「言葉」と表裏一体の存在に過ぎないということです。

このソシュールの言語哲学は、例えば各地の文化を差別化された「言葉」の構造として捉える「構造主義」と呼ばれる思想の潮流につながっていきました。(先ほどの虹の例についても、三色という人達の文化はそのような「言葉」の構造をしている、というものです。)

しかし私の先ほどの感慨というのは、このように構造として分析するツールという方向とは異なって、人間の認識というものは「言葉」によって制限させられているのだ、というもので、やや仏教的な捉え方なのかな?と自分も感じていますが、ご覧になった皆さんはいかがだったでしょうか。

なおこの仏教的な捉え方という点を補足すれば、やはり病気だったときに読んだものに鈴木大拙(1870-1966)の『仏教の大意』(だったと思う)という本があります。禅の思想を西洋に広く紹介したことで知られる同氏ですが、この著書の中で禅の思想とは、「相対的」に成り立っている我々の認識世界を乗り越えることだと言っています。

この「相対的」というのは、例えば、「善/悪」の概念といったように相対する関係のことで、物事は単体では存在しえず「言葉」による関係性によって存在し、我々はそれを通して世界を認識し、また逆にそれによって縛られているというものです。ソシュールの言語哲学とは思想背景など全く異なる文脈にあるものですが、どこか親和性があるように感じたものです。

最後の仏教的な捉え方まで踏み込む必要はなくとも、ソシュールの言語哲学に触れて、この自分の認識する世界の「言葉」による「恣意性」ということに目を向けたとき、心のどこかに安心感を生じた、というお話しでした。皆さんの何かのご参考になるところがあれば、幸いに思っています。


著者・管理人:柊 基博(Hiiragi Motohiro)


Sponsored Link

以下は、本サイトが公開している記事とその概要になります。記事をご覧になるときには、タイトル部分(青)をクリックしてください。

メイン記事

うつ病、パニック障害で揺らがない心にする方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害で揺らがない心にする「意識づけの方法」を紹介しています。完全に克服する上で「特に重要なポイント」だと考えています。
気を下げて丹田に入れることで症状を落ち着かせる方法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害の克服を「気」という視点でお話しします。うつ病、パニック障害のときに、なぜ丹田呼吸で「気を下げる」必要があるのか。その理由と方法をあわせて紹介しています。
うつ病、パニック障害を克服する過程で修得した呼吸法
この記事では、管理人の体験から、うつ病、パニック障害を克服する過程で行った「呼吸法」を紹介しています。また、管理人が克服する過程で「自ら修得した呼吸法」についても触れています。
《内》と《外》との認識を利用して症状を除く方法
認識の方法を変えることによって、症状から受ける感覚が変わるということがありました。《内》からと《外》からという認識の違いを利用して、管理人が行っていた方法を紹介しています。
ポジティブシンキングよりも簡単に心を前向きにする方法
この記事では、物事を積極的に解釈するポジティブシンキングよりも簡単に心を前向きにする方法として、管理人が行っていた方法を紹介しています。
《否定的暗示》から影響されないようにする方法
この記事では、日常に潜む《否定的暗示》がどのようなものなのか、そしてその影響を受けなくする方法についてお話ししています。

症状別記事

息苦しさの克服に役立った方法について
うつ病、パニック障害、自律神経失調症でよく耳にする症状に「息苦しさ」があります。この記事では、管理人の体験から、この息苦しさに対処し克服するうえでおすすめの方法を紹介しています。
食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖の克服に役立った方法について
この記事では、管理人のうつ病、パニック障害、自律神経失調症の体験から、食欲不振、吐き気、嘔吐恐怖に対処し克服するのにおすすめの方法について紹介しています。
自律神経失調症の克服に役立った方法について
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害のときに併発していた、自律神経失調症を克服するのに役立ったおすすめの方法を紹介しています。
HSP(Highly Sensitive Person)の傾向の克服に役立った方法について
HSPとは「非常に感受性が強く敏感な気質を持った人」を指す言葉です。症状ではなく気質ですが、やはり苦しいものです。この記事では、HSPの傾向を克服するのに役立った方法を紹介しています。

克服過程の記事

うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅰ ー 診断を受けるまで ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服するまでの経緯を、時系列に沿って紹介しています。この記事では、発症してから病院で診断を受けるようになるまでの経緯についてお話しします。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅱ ー通院、カウンセリングと投薬治療ー
この記事では、管理人が病院で診断を受け、通院と投薬治療をした経緯をお話しします。学生生活復帰へのリハビリ、減薬のきっかけ、心理カウンセリングについてもお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅲ ー 気功との出会い ー
管理人がうつ病、パニック障害を克服する過程で、気功の体験はそれまでの流れを変える大きな転機になりました。この記事では、気功との出会いの経緯、行うことで感じた体の変化などをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途 Ⅳ ー 気功と呼吸 ー
この記事は、前回に続いて気功のお話しになります。症状があるとき、体の気はどのように感じられたか。それに対処するためどのようにしていたのか。気功を体験し、自らの体を通してわかったことをお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するまでの途Ⅴ ー 波動水活用の顛末 ー
前回の気功と並行して、波動水の活用を行っていました。MRA(MMRI)という機械で心身の波動を測定し、それを改善する波動水を作製して飲む。その体験がどのようなものだったのか、お話しします。

(克服過程の続きは現在、作成中です)

補助グッズの記事

うつ病、パニック障害でツライカラダにおすすめのグッズ
この記事では、管理人がうつ病、パニック障害だったときに「体の負担軽減のため使用したグッズ」を、体感した効果とともに紹介しています。

関連記事

「揺らがない心にする方法」によってなぜ克服できたのか
この記事では、メイン記事「うつ病、パニック障害で揺らがない心にする方法」で紹介している方法によって、なぜ病気を克服することができたのか。病気を克服する前後で変わったことなど、管理人が思うところををお話ししています。
うつ病、パニック障害を克服するきっかけとなったエピソード
「うつ病、パニック障害を克服する何かきっかけとなったことはあるのか?」この記事では、本サイト管理人の個人的な体験ではありますが、克服に向かうきっかけとなったエピソードを紹介しています。
気を下げる意識の置き方:藤平光一著「中村天風と植芝盛平 氣の確立」から
本著で紹介している意識の置き方は、メイン記事でお話しした管理人の体験による「気の視点」からの気づきと共通性があるように感じられました。メイン記事の呼吸法などにも参考になると思います。
心を根本からポジティブに転換する方法:中村天風氏のエピソードから
「不安や恐怖の想念ばかりで心をポジティブにする要素は何もない。」この記事では、中村天風氏のエピソードをもとに、こうした否定的な心を根本からポジティブに転換する方法を紹介しています。
愛を意識することで胸の気の滞りを解消するという体験をした
胸のあたりの不快な症状に対して、愛を意識するようにしたときに身体の気の流れが変わって、改善に効果を感じたというお話しを紹介しています。
うつ病、パニック障害で心を揺らがなくする意識づけの元ネタについて
この記事では、「うつ病、パニック障害で心を揺らがなくするために」の記事で紹介した意識づけの方法に関して、影響を受けた元ネタの内容を要約したものです。神道などの内容を含みます。
気功と神道における気の体感の違いについて
この記事では、管理人が克服する過程で体験した気功と神道の修練に関連して、管理人の体験をもとに気功と神道、この両者の気の体感の違いをお話しします。

その他記事

Q&A
この記事では、メイン記事で紹介している方法の補足やその他の情報を、Q&A形式で紹介しています。内容は適宜、追加していきますので、ご参考いただければ幸いです。

現在公開している記事は、以上になります。