イメージ画像

障害年金

障害年金の概略


障害年金は、健康保険の被保険者で、保険料を未納していなければ、受給できる可能性があります。
ここで、あえて「可能性がある」という表現をしたのは、
障害年金を受給するのは、実際にはかなり難しいからです。

そのため、障害年金の受給マニュアルを高額で販売している人もいるくらいです。

なかには、社会保険労務士に頼んで、受給の手続きをする人もいるようです。

ただ、障害年金を受給できれば、かなり生活は楽になります。


一般には、障害年金2級の受給を目指し、3級では意味がないという声もあるようですが、
3級に認定されるだけでも、認定されないときと比べるとかなり大きな違いがあります。


以下、障害年金の概略について、簡単ですが、説明していきたいと思います。


全文を読む


障害年金の請求手続き


障害年金の請求には、必要とされる書類が数多く、
また年金の種類によって請求窓口が異なるなど、複雑です。


ここでは、障害年金の請求から裁定までの流れを簡単に説明したいと思います。


全文を読む


障害年金と他の手当金との併給


障害年金と他の手当金とが併給される場合、手当金によって、併給調整されることがあります。

基本的には、

障害年金と労災保険併給調整されます

障害年金と傷病手当金(健康保険)併給調整されます

障害年金と傷病手当(雇用保険)両方とも受給できます

となります。


全文を読む

このページの先頭へ

アルブチン