イメージ画像

うつ病改善のために心と体の両方を意識する

現在はほぼうつ病が寛解している状態ですが、
ごくまれに、憂うつになったり、落ち着かなくなることがあります。

息子が肺炎で入院したときは、やはり心配で仕方ありませんでした。
必要以上に慌てふためいてしまった感があります。

ただ、これは、「息子が入院した」という出来事が原因だったわけですが。

そうではなく、特に理由もないのに、抑うつ気分になることもあったりします。

これは何が原因かというのは、ほぼ決まっています。

それは何かというと、

「睡眠不足」



「食事を抜いてしまうこと」


最近は、ぐっすり眠れるようになってきましたが、
熟睡できなかったり、短時間しか眠れなかったりするときも、まれにあります。
そういうときは、意味もなく、憂うつになることがあるんですね。

また、ろくに食事をとらなかったときも、同じような状態になることがあります。

こういう場合、普段なら動じないことでも、過剰に反応してしまうことがあります。


なので、うつ病を改善するためには、
心の健康だけでなく、体の健康にも注意した方がよいですね。

寝不足や栄養不足の状態だと、
それだけで、不安を感じたり、憂うつになってしまうものです。

人間は、健康状態が少し悪くなっただけでも、不安を感じやすくなるというのは、
医学的にも言われていることなんです。


うつ病は心の病ですが、肉体的な要素も関係していることが多々あります。
低血糖症などは、その典型と言えるでしょう。


うつ病改善のためには、
普段から、栄養バランスのよい食事をとり、
かつ、毎日ぐっすり眠ることを心がけるようにしたいものですね。

このページの先頭へ

アルブチン