イメージ画像

大学の後輩からの結婚報告 不思議な組み合わせです

2月下旬のとある日の夜。

大学時代の後輩から電話がかかってきました。

実に約5年ぶり。


着信の相手を見たときに、
「ああ、結婚の報告だな」とすぐに分かりました。

2月の真ん中あたりに結婚したことは、知っていました。


で、面白いのはですね、
電話をかけてきたのは、私の2年下の男性の後輩。

その結婚相手が、なんと、私の1年下の女性の後輩なんです。
つまり、こいつは、1年上の先輩を嫁さんにもらったということです。


この2人が、結婚するという話は、昨年の12月に知りました。
まあ、そのときは、めちゃめちゃ驚きました。

部内恋愛、結婚も、同期同士、先輩が男性で後輩が女性というパターンは
よくありました。

ですが、男性が後輩で、女性が先輩というケースは聞いたことがありません。


だんなは一浪、嫁さんは現役で大学に入っているので、
年齢は同じです。

ただ、2人とも、30代後半。

嫁さんは何故か男運がないというか、
「この子、結婚できるのかな?」と心配してました。

でも、多少戸惑いはあるものの、
こうして、うまく収まったのは、めでたいことです。


ちなみに、2人とも、大企業に勤めています。
で、だんなの方が4月にロンドンに転勤になるそうで。

それで、その前に会いませんか?ということでした。

私が東京へいくか、後輩夫婦が山形まで来てくれるかは調整中ですが。

まあ、嫁さんとも話をしたところ、
「先輩~、私は、山形に行きたいです~」と言ってました。


嫁さんは、会社を辞めて、ロンドンへ一緒に行くそうです。

誰もが知ってる大企業で、しかもバリバリに働いていたので、
もったいなくないか?と尋ねましたが、
本人は、サバサバしてました。

「私には、別にやりたいことがあるんです~」

あら、そうだったの^^;

人生って分からないもんですね。

私も、まさかこうして、
ネットビジネスをすることになるとは思ってもみませんでしたから。


だんなの方には、私がうつ病になったのは打ち明けたことがありますが、、
症状が重くなり、現在は山形で暮らしているということまでは知りません。

挫折から今までの過程を話しましたが、
さすがに驚いていました。

私の作成した趣味ブログなどを見せると興奮してましたが。


早く、会いたいですね。

3月のいつになるかは分かりませんが、
とても楽しみです。

このページの先頭へ

アルブチン