イメージ画像

産後うつ

産後うつの概要


女性が子供を出産したあと、うつ病と同じような症状が現れることがあります。

産後2週間くらいは、不安感や不眠、イライラなどを感じる女性が多く、
この症状はマタニティーブルーズと呼ばれ、一過性のものと考えられています。

ところが、2週間以上経っても症状が続く場合、
産後うつと診断されることがあります。

女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステンなどが急激に減少し、
ホルモンバランスが崩れるために発症すると考えられていますが、
現在のところ、ハッキリとした原因は特定されていないようです。
また、生理的原因だけでなく、
赤ちゃんの健康や母乳に関する不安などの心理的要因も
産後うつに大きくかかわっていると考えられます。

産後うつはうつ病に似たような症状とされることもありますが、
れっきとしたうつ病の1類型であるという認識が強くなっているようです。


産後うつの症状


産後うつになると、マタニティーブルーズの症状がさらに激しくなり、

・食欲不振
・不眠
・倦怠感
・理由もないのに憂鬱になる・すぐ泣いてしまう
・赤ちゃんの泣き声にもイライラしてしまう
・自分が価値のない人間と感じてしまう

などといった、一般のうつ病と同じ症状に悩まされることになります。

症状の表れ方は、もちろん人それぞれ異なりますが、
放っておくと、自殺や子供の虐待に走ってしまう危険もあります。


産後うつの治療


一般のうつ病とほとんど変わるところはありません。

ただし、薬物療法の場合、お産をした後の体によくない薬もあるので、
処方される薬に制限がかかることがあります。

そのため、認知行動療法を主にして、薬は補助的に使うというケースが多いようです。

産後うつにかかってしまうと、

「自分の赤ちゃんが可愛く思えない。
自分は母親失格なのではないか?」


と考えてしまいがちです。

ですが、それは産後うつの症状なので、
ある程度割り切ることも必要であり、
しっかりと自分の症状を理解し、対処することが大切になります。

また、育児を自分1人で抱え込まないで、
夫や両親や親せきに任せれることは手伝ってもらい、
自分の負担を減らすことも大切です。

どんどん、周囲の人を巻き込むというくらいの気持ちでよいと思います。


夫の産後うつ?


最近の兆候として、母親だけでなく、
父親である夫の産後うつが多くなっているそうです。

現在の統計では、女性より男性の方が
産後うつにかかる人が多いという現象が見られます。

正確には、産後うつというよりは、育児うつという表現の方がふさわしいもので、
育児に慣れない男性がストレスを抱えてうつ病になってしまうということです。

特に、日本の場合、
男性は外で働き、女性は家の中で育児をするという家庭がまだまだ多いので、
男性が夜遅く働いた後に赤ちゃんの面倒を見らなければいけない、
休日も面倒を見なければならない、
それが大きな負担となることが原因と考えられています。

それともう1つは、女性である母親が、
男性に育児のことなど分からない、
自分の育児に口を出してほしくない
と感じてしまうケースが多く、
それが夫である父親の大きなストレスになるとも考えられています。

これは、どちらが悪いとかそういう問題ではないものと思います。

大切なのは、やはり育児は夫婦の共同で行うものということでしょう。
確かにそう簡単にはいかないものかもしれませんが、
現在は、男性も最長2年の育児休暇をとることができるので、
できる限り、母親と父親両者が赤ちゃんと接する時間を増やすようにしたいところです。

私は在宅で仕事をしている関係もあり、
妻の出産後は結構育児には協力した方だと思います。
育児に関して意見が衝突することもありましたし、
赤ん坊の泣き声やわめき声にイライラすることもありました。
自宅で仕事をしているという環境から子供と接する機会が多く、
それがかえって、ストレスを抱える原因になってしまったふしがあります。
子供が1歳前後のころは、仕事の邪魔をすることも多く、
かなり精神的に参ってしまい、多少うつの症状が悪化した感がありました。
これを乗り切ったのは、日ごろの心構えを根本的に改めたことです。
育児と在宅での作業の両方が仕事だという考えをするようにしました。
妻が目をかけられない状態で子供がぐずったときは、
遊んだりあやすのが自分のやるべきことであると。
子供が悪いわけでなく、それに目を背けることはできませんしね。
正直、かなり気持ちを整理するのに悪戦苦闘しましたが。。。

このページの先頭へ

アルブチン