イメージ画像

有酸素運動でうつ病再発予防

うつ病の再発予防を考えると、
病院から処方される薬を飲み続けたり、
うつ病によいとされる栄養をとったり、

あるいは、今までの性格、考え方を変え、
精神的に負担がかからないようにすること。

これらが、一般的な方法になると思います。

もちろん、これだけでも、ある程度のうつ病の再発予防にはなります。

ただ、もう1つ、再発予防として取り入れたいのは、

運動

です。

運動といっても、別に激しい運動をする必要はありません。
むしろ、激しい運動をして疲労してしまうと、うつ病にとっては逆効果です。

では、どういう運動がよいのかというと、

有酸素運動

です。

軽いジョギングとかウォーキング、プールで軽く泳ぐとか、そういう運動になります。

こういう運動は、酸素を取り込み、二酸化炭素を排出するという過程で、
脳内のセロトニンの量を増やす働きをします。

30分ほどの散歩をするだけで、
脳内のセロトニン量が2倍になるという実験結果も報告されています。

コツとしては、体を動かすときに、呼吸のリズムを意識することです。
ジョギングやウォーキングをしている間、
3秒間~5秒間息を吸いこみ、その後、同じ秒数間息を吐いていくんです。

「スースースー、ハーハーハー、スースースー、ハーハーハー」

と、歩くごとに呼吸のリズムを整えるというわけです。


私自身もうつ病の再発予防策として、
散歩をすることもありますが、
自宅でも有酸素運動ができるようにと、
ウォーキングマシンを取り入れています。

毎日、30分程、ウォーキングマシーンで、
呼吸のリズムを整えながら足ふみし、
読書をしたり、音楽を聴いたりしています。

表立った効果を実感するというわけではないですが、
充実した心地よい疲労感で満たされるという感じです。


で、このような有酸素運動は、
うつ病再発防止だけなく、うつ病の改善にも効果はあるんですよね。

さすがに、重いうつの状態では、体を動かすこと自体なかなかできないものですが、
少しずつよくなっていくにしたがって、体も少しずつ動かすようにしたいものです。


ただ、注意点としては、朝起きてすぐに運動するのは避けることです。
特に、朝食もとらずにジョギングをすると、心筋梗塞にかかるリスクが大きくなります。

また、心臓に疾患のある方は、有酸素運動といえども、
病気を悪化させる原因になりかねません。

お医者さんとよく相談することは大切になりますね。

このページの先頭へ

アルブチン