ヘッダー画像

マインドガードDX 睡眠薬に頼らず不眠症を改善!

寝つきをよくし、深い睡眠をとるためには、メラトニンが必要になります。
メラトニンとは、セロトニンが分解してできた安眠のための成分というべきものです。
メラトニンはサプリメントとしても販売されています。

睡眠薬は確かに効くものですが、
私の体験からして、どの薬も長期間服用し続けると、耐性がついてしまうと思います。
結果、効き目がなくなると、量が多くなったり、より強い睡眠薬を処方されたり、
さらにその効き目がなくなると、さらに量が多くなり、さらに強い睡眠薬を処方されたり。。。
という悪循環に陥りかねません。

現在、私はほぼうつ病が寛解している状態ですが、たまに寝れないときがあり、
そういうときは、頓服で睡眠導入剤を使用します。

ですが、やはり耐性がまだついているのか、抜けきれていないのか、
なかなか快適な睡眠がとれていない感じです。
そういう状況からして、
薬の耐性をなくすには、かなりの時間がかかるものと考えられます。

そのため、睡眠薬ではなく、サプリメントのメラトニンを試してみることにしました。
副作用もないですし、耐性などもないですし。

ところが・・・

あまり効果がありませんでした(汗)

寝れるときもあれば寝れないときもあり、
寝れたとしても、どうもスッキリしないという感じ。
やはり、薬漬けだった体では、そう簡単に効くものではないのかもと。

そこで、今私が愛用しているのが、

「マインドガードDX」

簡単に言うと、ビタミンやミネラルなどがたくさん含まれている青汁なんですが、
特筆すべきなのは、含まれている栄養素がセロトニンの原料となるトリプトファン、ギャバや「眠り草」と呼ばれるクワンソウなどなど、
快適な睡眠を実現するために特化されたものということ。

これらの栄養素で、本来持っていた休息力を養おうというのが、
マインドガードDXの大きな狙いなんです。


もちろん、抗うつ薬や睡眠導入剤を否定するわけではありません。
ただ、現在の私にとっては、とにかく薬に頼りたくないというのが本音ですし、
毎日、薬を飲むのが苦痛という方もいるでしょう。

また、薬の問題点としては、毒性を持っているということが挙げられます。
とある大手薬品メーカーのCEOの方が、

「毒性を持っていない薬品はない!」

と語っているくらいですから。

そして、この薬品の毒を解毒するために、余分に栄養素が消費されちゃうわけなんです。

そういう意味で、やはりいつまでも大量の薬に依存するのはどうなのか?と思いますし、
薬を飲み続けるのも疑問に感じるところがあります。

大量の薬を飲み続けている状態なら、
少しでもその量を減らすために、栄養分を補給する必要があると思います。


そこで、オススメのマインドガードDXなのですが。

青汁とはいうものの、不味いと思われていた部分は改良され、
かなり飲みやすいです。
私は専らフルーツジュースに混ぜて飲んでいます。

実物はこんな感じ



付属で軽量キャップが付いていて、
1日の摂取量としては、以下が大体の目安という感じです。



さて、効果のほどですが、
少なくとも私には、なかなかの効果がありました。

マインドガードDXで、睡眠導入剤の効き目がよくなったという感じ。

そのため、頓服的に利用していた睡眠導入剤の量が順調に減っています。
2~3日に1度睡眠導入剤を服用していたのが、
マインドカードDXを約2か月間飲み続けた結果、
1週間に1度のほどの服用で済むようになりました。

もちろん、これには個人差があり、
誰にでも効果があるとは言えないですが、

・うつ病が改善した状態にあり、再発を防止したい方
・大量の薬を服用している状態で、薬の量を減らしたい方
・拒食や過食で十分な栄養を取れていない方


には、オススメのサプリメントではないかと思います。

今申し込むと、お試し価格として、
25%オフ、送料無料と、かなりお得になっています。

詳しくはこちら

↓↓↓

マインドガード

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン