ヘッダー画像

昔の友人がうつ病になりました・・・ 私にできることなんてほとんどありません

2月上旬の朝のことでした。


携帯に見知らぬ電話番号から電話がかかってきました。

誰かな?と思いつつ、電話をとると、

「もしもし、(私の名前)さんの携帯でしょうか?」

「あ、はい、そうですけど?」

「あ、突然で申し訳ありません。
以前、○○のバイト先で一緒だったHなんですか」

「ああ!!Hさん。いや、ビックリです!お久しぶりです。」


ほんと、ビックリしました。
かれこれ、もう10年ぶりくらいです。


Hさん「実は、あの~、私、今大変なことになってまして」

私「え!?どうなさったんですか」

Hさん「私、どうも、精神が病んでしまったようで・・・」


え~!!

これまたビックリです。
と、いうか、私と一緒です(汗)


詳しく話を聞くと、

精神的にうつっぽくなり、
会社をやめ、
結婚もしたが、離婚し、
子供がいたので、養育費も払わなければならない。

そのため、現在金銭的にかなり苦しい状態ということでした。


ほんとかなり驚きましたが、
私もうつ病であることを打ち明けました。

Hさんは当然驚くものと思っていましたが、
こちらが予想したほどビックリした感じはしませんでした。

もしかしたら、
誰かから私のことを聞いたのかな?


Hさんは病院に通っているようでしたが、
金銭的な問題で、いつ通院できない状態になってもおかしくないと。

そこで、私は金銭確保のための公的制度などを教えました。

同じ状態にある者として、Hさんも少し安堵感が出てきたようでした。


Hさん「いきなりすいませんでした」

私「いえいえ、何かあったら、いつでも電話してきてください」

最後にメールアドレスを交換して、やりとりは終わりました。


しかし、うつ病って、ほんと多いんですね。

私の知り合いがうつ病にかかったなんて・・・

Hさんの場合は、
話を聞いてほしくて、電話をしてきたようですが、
電話をする元気があるなら、
まだ、深刻な状態ではないとも考えられます。

私の場合は、誰かとしゃべる元気さえなかったですから。

ただ、現在は、ほぼ寛解しているので、
Hさんに色々アドバイスできると思います。


しかし、基本的に、私は見守るくらいしかできません。
なので、やはり、ちょっと心配です。

一日も早くよくなってほしいと心から思うのですが、
そう簡単にはいかないものです。

まして、経済的な問題が重くのしかかっているので、
今後悪化する可能性の方が高い気がします。

ほんと、心の病気ってやっかいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン