ヘッダー画像

うつ病ライターさんと知り合いになりました

うつ病で無職の場合、皆さんならどうやって収入を確保しますか?


まず、うつ病の経済的支援制度を利用するのが第一の選択になるでしょう。
けれども、それだけではやはり生活していくだけの収入にはなりませんよね。


特に、私の場合は、自立支援医療しか受けていないので、公的機関からの受給金はありません。
そんなわけで、在宅でできる仕事をしているんです。
ただ、今はほとんど寛解している状態なので、仕事ができるのですが。


そんななか、約1ヶ月前ですが、うつ病ライターの方と知り合いになりました。


女性の方ですが、この方も今はうつ病はかなりよくなっており、メールマガジンなども発行しています。
そのメールマガジンに反応して、メールを送ったのがきっかけで、懇意になりました。


そして、なんと、この方からライター案件の仕事の依頼が来たんです。
他にも頼める人はいるけれども、これも何かの縁ということで、私に白羽の矢が立ちました。


正直、自分でいいのかな?とも思いつつ、これは自身のスキルアップにもつながると思い、引き受けることにしました。
多少つまずきながらも、7月の終わりに仕事を終えました。
出来映えの方は、とりあえず合格点。


この方は、とてもバイタリティ溢れる方で、ライターの仕事以外にも色々な活動をしています。
現在ライターとしては発展途上とおっしゃってましたが、私には非常に刺激されるところが多く、もっと自分も成長したいと思いました。


こういう人の繋がりというのは大事ですね。
ネットであれ、リアルであれ、人との交流というのは、うつ病の再発防止につながると思います。


また、うつ病で職がないときに、どうやって収入を確保するのかということも大切です。
私の場合は、インターネットで収入を得ることを決断しました。
そして、自分以外にも同じ境遇の人がいるのを知り、心強く感じました。


今後も同じような仲間を増やしていきたいと思います。
そうすることで、きっとうつ病の再発も防げると考えています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン