ヘッダー画像

現在服用している薬

現在は、ほぼうつ病も寛解していますが、心療内科のクリニックには通っています。


そして、未だに処方される抗うつ薬、睡眠導入剤を飲み続けています。
それでも、一時期よりかなり量は減りましたが。


以下に現在服用している薬を記載してみます。


●朝食後


ベタマック 50mg


タンドスピロンクエン酸塩 20mg


●夕食後


ベタマック 50mg


タンドスピロンクエン酸塩 20mg


メデタックス 2mg


ジェイゾロフト 100mg


●就寝前


クアゼパム 15mg


テトラミド 30mg


以上のような感じですが、これでも大分量が減った方です。
大阪に住んでいた頃は、この2倍は服用してましたから。


ここで、少し解説ですが、ベタマックというのは、ドグマチールのジェネリック医薬品です。

ベタマック

ドグマチールは服用している方も多いのではないでしょうか。


ドグマチールは、本来は胃潰瘍の治療薬として開発された薬です。
その後、向精神作用があることがあることが分かり、うつ病の治療薬として用いられるようになったという経緯があります。
作用は比較的穏やかで、軽症のうつ病に用いられることが多いです。


私の場合は、食欲がないということで処方されました。
本来は、胃薬なので、精神疾患による胃の不調などにもよく用いられます。


副作用としては、プロラクチンという女性ホルモンが増えるため、男性では性欲の低下が起こることがあります。
女性の場合は、乳汁分泌が起こったり、生理不順を引き起こすことがあります。


実際に、私の妻がドグマチールを服用していたとき、乳汁分泌が起こり、びっくりしたことがあります。
そのときは、妊娠したのかと慌てましたが(笑)


私の場合は、性欲の低下は起こっているような気がします。
かなりうつ病がよくなったのに、今一つ性欲がありません(汗)


そんなわけで、我が夫婦には子供がいないんです。
早く子供が欲しいところですが。


ところで、いつまで薬を服用し続けないといけないのでしょうか?


この辺は、見極めが微妙なところですね。
今の主治医さんとよく相談しなければいけません。


最近は、今の主治医さんも、薬より、心の持ち方についてよく言われます。
「うつ病に逃げてはダメ」、そして「ブレない意志を持つ」ことによって、「自己治癒力を高めましょう」と。


回復期、寛解期に入ると、再発を防ぐためにも、上のような意識を持つことが大切かなと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン