ヘッダー画像

うつ病の再発防止策

うつ病の再発防止について、私の経験も踏まえ、記していきたいと思います。


回復期に入っても、薬の服用を中止しないこと
うつ病が寛解しても、通常維持療法として、しばらくの間、少量の薬を処方されます。


必ずしも多くはないと思いますが、
この時期に自分の判断で、薬を中止したり、通院を止めてしまう人がいます。
当然ですが、医師の指示には従いましょう。


自覚症状はないかもしれませんが、
この時期に薬を中止してしまうと、再発のリスクが高まります。
実際、うつ病の自殺者は、回復期に入ったときが一番多いと言われています。


とても基本的なことですが、気をつけるようにしましょう。


頑張りすぎない
これも、よく言われることですが、
うつ病が回復したら、発病時の八分くらいのペースで物事を進めるようにしましょう。
今までの分を取り戻そうと、つい頑張ってしまいがちですが、
これは、発病時の状況を作り出してしまうことになります。


頑張りすぎたためにうつ病に陥ったのであり、
頑張りすぎると、また同じことの繰り返しになってしまいます。


発病した時の自分の状態を見つめ直し、それと同じ状況を作り出さないことが大切です。


自分自身に負担をかけない
うつ病になりやすい性格傾向から、何でも自分一人で抱え込んでしまう人が多いです。


できる限り、自分以外の人でもできるものは、他人に任せましょう。
職場での仕事の分担もそうですが、家庭内の家事も家族の人にやってもらう。


人に頼ることは、何ら悪いことではありません。
自分にできない事、他人に任せることのできる事は、人に頼ってよいのです。


周囲の目を気にしすぎない
周囲の目を気にしすぎないといっても、簡単にはできないかもしれません。
うつ病になったことで、
「自分はどう思われているのだろう?」と考える人は多いと思います。


そんな時は、以前の自分とは違う、生まれ変わったという意識を持つとよいと思います。


何度も言うようですが、発病時の状況を作り出すのは避けなければいけません。


うつ病を経験したことにより、「自分はどう思われているのか?」ではなく、
「今の自分に何ができるのか?」を考えるようにするべきです。


他人の評価にしばられず、今の自分にできることを考え、
マイペースを心掛けることが大切です。


十分な睡眠と食事を確保する
うつ病を防ぐためには十分な睡眠をとることが重要です。
そのため、毎晩ぐっすり眠れる環境を整えることが大切になります。


また、ストレスに負けない身体をつくるには、栄養もしっかり摂らなければなりません。
「高たんぱく、低糖質」という食事を心掛け、食生活にも気を配りましょう。


自分の趣味、好きなことに時間をさく
私は、これがうつの再発を防ぐうえで、最も大切ではないかと思っています。


「おたくになると、うつにならない」と述べる心理カウンセラーがいます。
おたくになることによって、自分の好きなことに熱中し、
その間嫌なことを忘れ、ストレスも解消されるからです。


私のうつがよくなったのは、
まさに自分の好きな事に熱中できたことが一番大きいと思っています。


熱中できるものなら、なんでも構わないでしょう。
自分の好きなことでよいと思います。


うつから職場、学業に復帰しても、
必ず、自分が熱中できる趣味や好きなことを持ち、時間をさくようにしてください。


治療の主役は自分自身であるという意識をもつ
このサイトで何度も繰り返し言っていることです。


多くのうつ病患者さんは、医師の服薬指導のみで大丈夫と考えてしまいがちです。


しかし、薬物療法だけでは、完全にうつ病の再発を防ぐことはできません。


あなたは、主治医の服薬指導のみで満足していませんか?


私自身、医師の処方する薬を飲み続けるだけの生活でした。
その反省も踏まえ、
医師と具体的に再発防止についての話し合いは行うべきだと思います。


うつを克服し、病気からの回復は自分でつかむものであり、
受身の姿勢のままでは、いつまで経っても、本当の回復は望めません。


うつが回復してきたら、積極的に医師と今後の治療の見通しについて話し合いましょう。
うつ病の再発防止は、人任せにせず、
主治医、家族とともに主体的に治療に取り組むことが大切です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン