ヘッダー画像

傷病手当金

労災保険が受けられなかったときは


労災保険が受けられなかった場合は、どうしたらよいのでしょう?


労災保険が受けられなくても、あなたが勤めている会社で健康保険に加入していれば、
傷病手当金を貰うことができます。


正社員でなくとも、勤めている会社の健康保険に加入していれば、
契約社員や派遣社員、アルバイトなどの場合でも、傷病手当金を貰える可能性はあります。


ただし・・・

自営業などで、国民健康保険に加入している方は、
傷病手当金の制度はないことに注意してください



傷病手当金は、健康保険の被保険者が病気やケガのために働くことができず、
療養が必要となり、会社を休んだ日が連続して3日以上あったとき、
4日目以降の休んだ日に対して支給されます。
ただし、休んだ期間について、
会社から傷病手当金の額より多くの給与を受け取った場合は、支給対象とはなりません。


ここでいう「療養」とは、医師の指示のもと、治療が必要となる場合をいいます。
そして、療養のために働けないという理由と期間などを、
医師が傷病手当金の請求書に証明することが必要となります。


大事なポイントは?

①健康保険の被保険者であること
②休んだ日が連続して3日以上あること



これらの要件を満たせば、支給の対象となります。


連続して3日以上について、
この3日には、欠勤日だけでなく、公休日や有給休暇を使った日も含まれます


また、この3日間は「待機期間」といって、傷病手当金の支給対象外となります。


したがって、有給休暇をこの3日間に充てると、
欠勤控除で給与を減らされる心配もないので、賢い使い方といえます。


4日目以降に有給休暇を使ってしまうと、
傷病手当金より多くの金額を受け取ることになるので、傷病手当金の支給は中止されます。


有給休暇が残っているなら、有給休暇を待機期間に充てることをおすすめします。


次に、傷病手当金の支給額ですが、休業1日につき、標準報酬日額の3分の2相当額となります。
標準報酬日額とは、簡単にいってしまうと、平均給与1日あたりの額だと思ってください。


支給期間は、最長で支給を開始した日から1年6ヶ月となります。
支給期間を見るときは、公休日も含めて考えます。


休職というと、出勤日のみ対象になると思いがちですが、
支給される日数には、公休日も含まれるということを覚えておいてください。


さらに、会社が健康保険組合に加入している場合は、
組合によって、「付加給与」といって、さらにプラスアルファ分を貰える場合があります。
あなたが、健康保険組合の保険証を持っているなら、
付加給与があるかどうか、会社や健康保険組合に確認してみるとよいでしょう。


また、傷病手当金は、うつ病が長引き、退職せざるを得なくなったとき、
会社を退職後も支給されます。


健康保険には、資格喪失後の継続給付という、特別なしくみがあり、
これを活用すれば、
退職した後も支給を開始した日から最長で1年6ヶ月、傷病手当金を貰うことができます。


ただし、退職日までに、健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あり、
退職日に傷病手当金を受けていた(受けられる状態)にあることが必要となります。


健康保険の被保険者期間が継続して1年以上ある、ということは、
例えば、転職をして健康保険の空白期間が1日でもあれば、ダメということになりますね。


傷病手当金を受けられる状態というのは、
傷病手当金の支給対象となる休業4日目に、会社に在籍している必要があるということです。


さらに、傷病手当金を退職後も引き続き受けるには、退職日に仕事をしていては対象となりません。


退職日に働けない状態である、ということがポイントになります。


では、実際に傷病手当金を申請する場合についてですが、
請求先は、協会けんぽや健康保険組合などの保険者になりますが、
勤務している会社を経由することになります。


なので、まずは、医師とよく相談したうえで、会社と相談するのがよいでしょう。


なお、退職後の傷病手当金については、本人が直接手続きをすることになっています。


以上のように、傷病手当金は、
ほとんどの人が支給の対象になると思います。
うつ病で休職をするとなると、後ろめたさがあり、
会社とも相談しにくいという方もいるかもしれません。

しかし、傷病手当金があるのとないのとでは、非常に大きな差があります。
うつ病の治療の主役はあなた自身であるように、
傷病手当金もあなた自身が申請すべきものであって、
会社は代って手続きをしているにすぎません。

私は、うつ病ということを隠して、会社を辞めましたが、
本当に後悔しています
傷病手当金を受けていれば、その後の経済状態も変っていたはずですし、
何といっても、会社に再び勤務することもできたかもしれません。

十分な休養をとり、治療を受けるためにも、
また、少しでも早くうつ病から回復して、元気に仕事に復帰するためにも、
会社と十分相談して、後悔のないよう、行動を起こしてほしいと思います。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン