ヘッダー画像

睡眠導入剤

睡眠薬と言ってよいと思いますが、睡眠薬というと、自殺に使われたり、中毒性があってやめられなくなるなどのイメージがあり、睡眠導入剤という言葉が用いられるようになったようです。


確かに古い薬だと、中毒性があり、大量摂取によって死を招いたりすることがありましたが、今は、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬が開発され、医師の指導の元、使い方をあやまらなければ、危険なものではありません。


ただ、医師によっては、昔の作用の強いものを睡眠薬、現在のベンゾジアゼピン系のものを睡眠導入剤と区別することもあります。


睡眠導入剤は、ベンゾジアゼピン系のものが一般的ですが、新しい非ベンゾジアゼピン系のものもあります。


作用時間によって、超短期作用型、短期作用型、中期作用型、長期作用型と分けられることが多いです。


睡眠導入剤は、感情を安定させ、覚醒中枢への刺激を減少させることによって、睡眠中枢の働きを強くし、入眠へと導きます。


睡眠導入剤と同時に抗不安薬を処方されることも多く、また、抗不安薬もベンゾジアゼピン系のものがほとんどなので、抗不安薬が睡眠導入剤として用いられることもあります。


睡眠導入剤を服用すれば、大抵の人は眠ることができます。


しかし、睡眠導入剤に頼りきってしまう、依存してしまうのは、避けた方がよいでしょう。


睡眠導入剤に限ったことではないかもしれませんが、私の経験上、仕事や授業のない日は、睡眠導入剤を抜いて、寝る訓練をすることも非常に大切なことだと思います。



ハルシオン



特徴

ハルシオンはベンゾジアゼピン系で、比較的古くから使われている睡眠導入剤です。

おそらく、一般に睡眠薬と聞くと、ハルシオンが一番有名ではないでしょうか。

といっても、よい意味ではなく、ハルシオンの悪用で、ハルシオンを麻薬として使ったり、犯罪に用いられたりして、悪いイメージが強いです。

しかし、本来は、比較的安全な薬で、医師の指示を守れば、危険な薬ではありません。

ただ、犯罪に使われた経緯から、処方するのに慎重な医師も多いようです。

副作用

主な副作用として、ふらつき、めまい、口の渇き、けん怠感、頭痛、食欲不振、吐き気、下痢、腹痛などがあります。

大量連用により薬物依存が生じることもあり、他の睡眠導入剤より、依存度が高い傾向にあるようで、注意が必要です。

また、急に服用を中止すると、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状が現れることがあり、薬の減量、中止をするときは、必ず、医師と相談するようにしましょう。


注意事項

不眠症の治療の他、手術の麻酔前の過剰な緊張を和らげるためにも用いられることがあります。

効き目が強いので、アルコール類と併用すると、健忘を起こすことがあるので、薬を服用するときは、アルコール類は避けましょう。

その他、前述のように、犯罪や遊び半分で服用する例が多いのですが、当然のことながら、医師の指導の元、服用するようにして下さい。

こういう経緯があるので、ハルシオンは悪いイメージがあるのですが、正しく服用すれば、危険な薬ではありません。

ハルシオンは良い薬だと思うのですが、こういう誤った使い方をする人がいることで、ハルシオンを処方するのに慎重になる医師が多くなっています。

本当に必要とする患者さんも数多くいるわけですから、悲しい事だと言わざるを得ません。


アモバン



特徴

アモバンは、1989年に日本で認可された睡眠導入剤です。

脳の神経をしずめ、不安や緊張感をほぐし、入眠へと導きます。

新しい非ベンゾジアゼピン系の薬で、効き目は、即効性があり、世界最速と言われています。

比較的安全性が高く、ハルシオン同様、不眠症の治療の他、手術の麻酔前の過剰な緊張を和らげるためにも用いられることがあります。

副作用

主な副作用として、にがみ、ふらつき、めまい、口の渇き、けん怠感、頭痛、吐き気、発疹などがありますが、重いものはまれです。

また、効き目が強い反面、一時的に起きたときなどは、健忘やふらつきを起こすことがあります。

注意事項

アモバンは世界最速、最強との評価があります。

ただ、その反面、上述のように、健忘を起こしやすく、また、長期に渡って服用した場合、急に服用を中止すると、反動でかえって眠れなくなったり、イライラ感や不安感、手足の震えが生じることがあります。

服用を中止するときは、必ず、医師の指導の元、行うようにしましょう。

高齢者、妊娠中や授乳中の婦人、小児の使用には危険を伴いやすいため、投与は避けられます。

副作用として、にがみを感じる人が多いですが、うがいなどで対処するしかありません。

アモバンを服用した感想としては、確かに寝付けるものの、翌日、にがみを強く感じ、不快であったことです。

大抵、副作用というものは、しばらくすると治まるものですが、アモバンのにがみは、いつまで経っても治まりませんでした。

正直、副作用ではなく、アモバンの特徴ではないかと思います。

また、作用時間はかなり短いため、睡眠導入剤としては、主に寝つきをよくするためだけのものと考えた方がよいかと思います。

少なくとも、私にとっては、それほど良い薬とは感じませんでした。



マイスリー



特徴

非ベンゾジアゼピン系で、日本では2000年に認可された新しい睡眠導入剤です。

マイスリーは、従来のベンゾジアゼピン系の薬の問題点であった、翌朝まで効き目が残ってしまう持ち越し効果や、依存性、中止時の不眠などが軽減されています。

安全性は高い反面、効果は比較的弱い薬です。

ハルシオンに代って、マイスリーを処方されることが多く、現在、日本で最も使用されている睡眠導入剤と言われています。


副作用

重い副作用はほとんどありませんが、ふらつき、頭痛、倦怠感、悪心などが報告されています。

人によっては、翌朝に眠気を持ち越すこともあるようです。


注意事項

マイスリーは、その安全性の高さが売りの薬です。

筋弛緩作用が軽減されているので、高齢者にも処方できるようになっています。

余程のことがない限り、重い副作用に悩まされることはないと思います。

床に入ってもなかなか寝付けないという症状に悩まされている人に非常にマッチした薬であると言えます。

ただ、当然のことながら、使い方を誤ると、健忘や思考の停止などの症状が現れるので、医師に決められた服薬量は守らなければなりません。

マイスリーを処方されている方は多いのではないかと思います。

私の場合は、寝付けないときの頓服薬として処方されましたが、ほどんど効果がありませんでした。

しかし、マイスリーでよく眠れるようになったという人も多いです。

不眠でも、比較的症状の軽い方に向いていると思われます。

ただ、マイスリーは薬価が高いというのが問題点ですね。

そういう点をクリアすれば、安全性も高く、いい薬ではないかと思います。




レンドルミン



特徴

レンドルミンはベンゾジアゼピン系で、日本で1988年から販売されている睡眠導入剤です。

情動と密接な関係にある視床下部や大脳辺縁系を抑制し、催眠作用、抗不安作用として働きます。

ベンゾジアゼピン系の薬ですが、翌朝までの持ち越し効果が軽減され、集中力や注意力、反射運動能力低下なども比較的少ないようです。

安全性が高いですが、その反面、やはり効果も弱いのが特徴です。


副作用

非常に安全性の高い薬で、重い副作用はほとんどありませんが、ふらつき、めまい、頭痛、だるさ、倦怠感などが現れることがあります。

また、長期連用によって、依存症を起こすことがあるので、要注意です。


注意事項

非常に安全性が高いため、重大な副作用の心配はないと言えるでしょう。

ただ、上述のように、長期連用で依存を高めるので、そこは注意すべき点だと思います。

レンドルミンは、全くと言っていいほど、効きませんでした。

現在も頓服として処方されていますが、ほとんど使用していません。

レンドルミンで、効き目のある人は、比較的軽いうつ、不眠症だと思います。

そういう方は、やはり、長期服用によって、依存しないように注意しましょう。

長期連用で効き目が弱くなる→増薬→依存→さらに効き目が弱くなる→効き目の強い薬に変更、という悪循環に陥りかねません。

レンドルミンなしで眠れるときがあれば、薬を抜いて寝る日を設けることが大切だと思います。



エバミール



特徴

エバミールもベンゾジアゼピン系で、日本で1990年に認可された比較的新しい睡眠導入剤です。

脳の中枢神経系に直接働きかけ、催眠作用、鎮静作用をもたらします

エバミールは短期作用型で、即効性がありますが、効果の持続時間も比較的長く、途中で目が覚めにくいという、短期作用型の睡眠導入剤としては画期的ともいえる特徴があります。

抗不安作用も強いと言われており、不安でなかなか寝付けないという方に適しています。

筋弛緩作用も弱いため、高齢者や未成年者にとって負担が少なく、安全性も高いと言われています。


副作用

安全性が高く、副作用はほとんどありませんが、ふらつき、倦怠感、発疹、かゆみなどが報告されています。

人によっては、一時的に起きたときなど、健忘やふらつきを起こすことがあるようです。


注意事項

非常に安全性が高いため、安心して服用できる睡眠導入剤と言えるかと思います。

ただし、レンドルミン同様、長期連用による依存には気をつけるべきでしょう。

エバミールも使用したことがありますが、レンドルミン同様、効き目はなかったです。

様々な睡眠導入剤を巡ってきたので、かなり強力な作用がないと、効かない体質になっているのだと思います。

一般には、エバミールは優れた薬であるので、医師の指導の元、服用すれば、問題はないでしょう。

ただ、睡眠導入剤も、抗うつ薬同様、人によって、効いたり効かなかったりするので、服用してみなければ、分らないという面があります。

それを理解したうえで、自分に合わないようであれば、すぐに医師と相談することが大切でしょう。




ベンザリン



特徴

ベンザリンは日本で1972年に発売されたベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤は、1967年に発売されたネルボンが最初ですが、塩野義製薬が新たにベンザリンとして発売しました。

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が登場するまでは、バルビツール酸系と呼ばれる睡眠導入剤が主流でしたが、安全性が低く、 致死量も低いため、自殺に使われてしまうという大きな欠点がありました。

代って、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が登場することにより、安全性が高く、万一大量服用しても死に至る可能性を押さえれることができるようになりました。

従来、精神科といえば、入院治療が主流だったのが、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の登場により、外来の患者にも睡眠導入剤を安全で処方しやすくなったという背景があります。

薬の効能としては、脳の神経を鎮静化して、緊張や不安を取り除き、 リラックスした自然な形で眠りに誘うという作用をします。


副作用

比較的安全性は高いですが、主な副作用として、ふらつき、倦怠感、運動反射機能の減退、便秘、頻尿、発疹などがあります。

また、翌朝まで作用が持ち越すことがあるので、特に、階段等でのふらつきなどには注意するべきです。


注意事項

バルビツール酸系とは異なり、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤として、副作用も少なく、安全性も高い薬です。

ただ、作用時間は比較的長いため、その効果が翌朝まで持ち越すことも多いようです。

持ち越すということは、抗不安作用なども効いていると言えますが、当然、これに頼るのは危険です。

車の運転や、危険を伴う作業は避けるようにしましょう。

服用を続けていくと、薬が体内に蓄積され、一日中意識が朦朧としてしまうといった症状が出ることもあります。

毎日、通勤、通学を行う人は、服用するに際しては、医師とよく相談する必要があるでしょう。

ベンザリンは、後述のロヒプノールの後に処方されました。

上述のアモバンと併用して服用し、確かに眠ることはできましたが、心地よさを感じることはありませんでした。

この頃は、とにかく眠ることはできても、日中の抑うつ状態が改善されませんでした。

私の場合は、翌朝に作用が持ち越すことはありませんでしたが、長期連用によって、意識がぼんやりしてしまう人も多いようなので、服用に際しては、注意する必要があると思います。



ロヒプノール



特徴

ロヒプノールもベンゾジアゼピン系で、日本で1984年に販売された睡眠導入剤です。

他のベンゾジアゼピン系睡眠導入剤と同様に、催眠、鎮静、抗不安、筋弛緩作用がありますが、催眠・鎮静作用は、ベンゾジアゼピン系の中では最も強いと言われています。

とりわけ、抗不安作用が強く、逆に筋弛緩作用は弱いため、非常に優れた睡眠導入剤です。

作用時間は約7~8時間で、その間、効き目が持続するので、人間の平均的睡眠時間に合った構成となっています。

ただ、アメリカでは、麻薬指定され、承認されておらず、日本から旅行する際には携帯は不可、あるいは英文で書かれた処方箋が必要となります。


副作用

安全性が高いため、重い副作用というのはほとんどありませんが、ふらつき、倦怠感、発疹、かゆみなどが報告されています。

人によっては、効き目が強すぎることがあるため、特に、ふらつきには注意する必要があります。


注意事項

催眠、鎮静、抗不安服用が強く、安全性も高いため、非常に優れた睡眠導入剤と言えます。

また、依存症にかかることも少なく、耐性がつくことも少ないとされています。

ただし、効き目は強いため、人によっては、副作用が強く出ることがあるようです。

私の友人の中に、効き目が強く出過ぎて、朝、通勤中にふらついて、他人とぶつかった人もいます。

そういうこともあるので、自分に合わないようであれば、医師と相談しましょう。

また、上述の通り、アメリカ、カナダなどでは、使用が禁止されています。

これは、ロヒプノールが強姦に利用されたり、覚醒剤の使用による不眠に使われたりした背景があるためです。

アメリカ、カナダなどでは、原則持ち込み不可なので、注意しなければいけません。

ロヒプノールは、私が初めて服用した睡眠導入剤です。

効果は服用したその日から現れました。

服用してしばらくすると、心地よい眠気に襲われ、グッスリ眠ることができ、起きたときも、心地よさが残っていました。

その後も、ほぼ1日中、心地よさは持続し、私のうつは1日で劇的によくなりました。

こうした絶大な効力を発揮したロヒプノールでしたが、長期連用により、効き目が薄くなっていきました。

増薬することで、また眠れるようになりましたが、またもや長期連用で、効果が弱くなり、以前のような心地よさを取り戻すことができなくなりました。

一般に、依存症になることも、耐性がつくことも少ないと言われているロヒプノールですが、完全に私は、依存症に陥り、耐性がついてしまいました。

私が繰り返し言っていることですが、睡眠導入剤に依存せず、時には、薬を抜いて寝る練習をしておくべきだと思います。

ロヒプノールは、睡眠導入剤の中で、効果も強く、作用時間も長く、依存症になることも、耐性がつくことも少ない、非常に優れた薬だと思います。

しかし、私のような例もあります。

だからこそ、これを読んでいる方には、私のような過ちは犯してほしくないと思います。



サイレース



特徴

サイレースはロヒプノールの併売品で、メーカーが違うだけで、同じ薬です。

ロヒプノールが中外製薬、サイレースがエーザイから販売されました。

ロヒプノールと同じなので、特徴も同じです。

一般に、東日本ではロヒプノール、西日本ではサイレースが使用される傾向があるようです。


副作用

ロヒプノールと同じです。

ふらつき、倦怠感、発疹、かゆみなどが報告されていますが、安全性は高い薬です。


注意事項

ロヒプノール同様、催眠、鎮静、抗不安服用が強く、安全性も高い薬です。

依存症にかかることも少なく、耐性がつくことも少ないとされています。

人によっては、副作用が強く出ることもあるので、その場合は、医師と相談することが必要です。

また、サイレースも、アメリカ、カナダなどでは、使用が禁止されています。

アメリカ、カナダなどでは、原則持ち込み不可なので、注意しましょう。

サイレースは、時期を空けて、2度、通算すると約3ヵ月間服用した経験があります。

ロヒプノールに耐性がついてしまっていたので、他の睡眠導入剤や抗不安薬と併用して服用しました。

1度目は眠れたものの、2度目は寝ることができませんでした。

ロヒプノールで味わった心地よさも取り戻せませんでした。

結局、2度目の服用中に、他の薬に替えられました。

サイレースもロヒプノール同様、非常に優れた睡眠導入剤だと思います。

しかし、耐性がついてしまうと、どうしようもありません。

しつこいようですが、決して依存することのないように注意してほしいと思います。




ベゲタミン



特徴

ベゲタミンは、やや特殊な薬で、厳密には、長期作用型とは言われませんが、その効果は長期に渡るため、便宜上、長期作用型に分類しました。

ベゲタミンは、クロルプロマジン塩酸塩、プロメタジン塩酸塩、フェノバルビタールという成分が混ざった混合剤です。

このうち、クロールプロマジン塩酸塩は、かなりの催眠作用を持っており、混乱状態などにも効果を有する成分で、また、フェノバルビタールは、バルビツール酸系の成分です。

これを聞いただけでも分かるかと思いますが、ベゲタミンは非常に強力な催眠作用を有しています。

そのため、他の薬が効かない時の最終手段として使われることが多いです。

作用が強力な分、翌日に持ち越すことも多く、特に年配の人には、作用が翌日にも強く残る傾向があるため、べゲタメミンを敬遠する人が多いようです。


副作用

主な副作用として、鼻閉、パーキンソン症候群(手の震え、筋肉のこわばり)、口の渇き、便秘、倦怠感、発疹、光線過敏症などがあります。

また、上述のように、作用が強力なため、翌日までの持ち越し効果が出ることが多いです。


注意事項

以上のように、強力な睡眠導入剤で、危険なイメージがするかもしれませんが、医師の指示にきちんと従えば、特に危険ということはありません。

(もちろん、どの薬にも言えることですが)。

ただ、現在一般的となっているベンゾジアゼピン系の薬よりは、危険性が高いのは明らかです。

致死量は低く、依存率は高いので、長期連用の服用のしすぎというのは、控えるべきです。

また、作用が翌日に持ち越されることも多く、そういう点からも、服用には、医師との十分な相談が大切になるかと思います。

べゲタメミンは、サイレースとテトラミドとで眠ることができなくなった時に処方されました。

確かに作用は強力で、眠ることはできました。

しかし、翌日、どうも、変な感じが残る・・・

もちろん、抑うつ状態が治っていないので、気分が爽快になることはないのですが、うつ以外の変な感じがする・・・

この正体は、未だに分かりませんが、悪心とでもいったらよいのでしょうか。

とにかく、眠ることはできても、悪心のようなものに悩まされ、約2ヶ月程で服用を中止しました。

(この時の医師がひどかったので、別の医師にかかったというのもありますが)。

正直、ベゲタミンはあまりおすすめできないというのが、私の感想です。

ベゲタミンを服用するなら、後述のベンゾジアゼピン系のドラールや、中期作用型のものに、抗不安薬を併用する形の方がよいと思います。

ただ、あくまで私見なので、ベゲタミンで症状が改善し、快適に生活できているなら、心配することはないでしょう。



ドラール



特徴

ドラールは、1999年に発売されたベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤です。

作用時間は、数ある睡眠導入剤で最も長く、約8~10時間とされています。

ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤なので、上記のベゲタミンより安全性は高いです。

翌朝まで作用が残ることも少なく、また、服薬中断時の反跳・不眠が少ないことが認められています。


副作用

安全性は高いですが、主な副作用として、ふらつき、吐き気、倦怠感、中途で目覚めたときの健忘症などがあります。

まれに、強い精神症状、意識障害、興奮を起こすこともあるようです。

高齢者や心臓・肺の悪い人、妊娠中、授乳中の婦人には、副作用が出やすいので、注意が必要となります。


注意事項

効き目も長く、安全性も高いので、夜長く寝続けれないという人にふさわしい睡眠導入剤かと思います。

服用を中止した時の離脱症状も少ないことが認められていますが、服薬量を減らしたり、中止する時は、医師と相談することが必要となります。

ドラールは長時間作用型なので、あまり依存することはないとはいえ、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤に共通する認識として、依存しすぎないということも、注意しておくべきでしょう。

また、ドラールを服用した後は、食べ物を胃に入れることは禁止されています。

胃があらされ、効き目が強くなり、副作用も強く出てしまうとされているからです。

おそらく、処方される時に、この注意を受けると思いますが、必ず守るようにして下さい。

ドラールはべゲタメミンの後に服用しました。

効果のほどは・・・寝付くことはできましたが、5~6時間で目が覚めてしまいました。

不思議なことに、まるで時間を測ったかのように、毎日5~6時間で目が覚めるという状態。

おそらく、ベゲタミンに身体が慣れてしまったのではないかと思います。

その後、結局、ドラールに色々なものを足して、なんとか長時間眠れるようになりました。

現在、ドラールのジェネリック薬品であるグアゼパムという薬を服用しています。

実に、様々な睡眠導入剤を巡ってきたので、グアゼパムでも眠くなることはなく、睡眠時間も長かったり、短かったり、まちまちです。

上述のように、一般に、服用後は、食べ物を摂ることは禁止されていますが、私は平気で食べています。

特に、効き目も副作用も強く出ることはありません。

もう、そういう体質になってしまったんですね。

だからと言って、皆さんは、服用後に食べ物を摂るようなことはしないで下さい。

あくまで、私がそうなっただけであり、皆さんが同じように大丈夫という保証はありませんので、くれぐれも注意してほしいと思います。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン