ヘッダー画像

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)

うつ病の原因は未だ解明されていませんが、脳内のセロトニンとノルアドレナリンという2種類の物質が大きく関与していると考えられています。


セロトニンは、神経細胞内で作られる神経伝達物質で、脳内に放出されると、同じ神経細胞に再度取り込まるという性質があります。


正常であればこのバランスが保たれていますが、セロトニンが低下してくると、うつ病やパニック障害を引き起こすとされています。


SSRIは神経細胞に蓋をし、セロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニン量を増やす働きをします。


SSRIが、他の抗うつ薬と大きく違うところは、セロトニンにのみ作用することです。


従来の薬はセロトニン以外にも作用するため、副作用が出る場合が多かったのですが、SSRIは、従来の薬に比べ、副作用が少ないのが特徴です。


デプロメール



特徴

デプロメールは、1999年に日本で初めて認可されたSSRI抗うつ剤です。

セロトニンに選択的に作用することで、従来の抗うつ薬に多い、口の乾きや便秘、心臓への負担などの副作用が軽減されています。

憂うつな気分をやわらげ、意欲を高め、また、不安や緊張した気分をほぐす働きがあります。

基本的には、うつ病の治療に用いられますが、強迫性障害や社会不安障害、月経前不快気分障害などの疾患にも用いられています。

ただ、デプロメールは、従来の三環系抗うつ薬などに比べ、副作用が軽減されていますが、うつに対する効果があまり強くないので、薬による劇的な効果を望む人には不評のようです。

副作用

一般的な副作用としては、吐き気、眠気、口の渇き、便秘などですが、重いものではまれです。

悪性症候群の無動、筋肉のこわばり、嚥下障害、頻脈、血圧変動、発汗、発熱症状などもあります。

一部には、さく乱、けいれん、重い肝障害、また低ナトリウム血症、意識障害などの報告もあります。

注意事項

デプロメールは併用薬による相互作用も多いため、筋弛緩剤との併用を禁じるなどの注意がなされています。

他の抗うつ薬同様に、薬物は肝臓で代謝されるので、肝臓腎障害などの病歴のある方は、医師に報告しましょう。

緑内障を患っている人や高齢者、妊娠中や授乳中の婦人の使用には危険を伴いやすいため、投与は避けられます。

デプロメールは、三環系抗うつ薬などの古いタイプの抗うつ剤の最大の懸念事項であった、大量に服薬することで死を招くという問題点が改善されています。

ただし、大量に服薬してしまうと、当然のことながら、重い副作用を引き起こし、命にかかわることもあるので、必ず、医師に決められた量を守らなければならないのは、言うまでもありません。


ルボックス



特徴

ルボックスはデプロメールと同じく、1999年に日本で初めて認可されたSSRI抗うつ剤です。

特徴も、デプロメールと同じで、セロトニンに選択的に作用することで、口の乾きや便秘、心臓への負担などの副作用が軽減されています。

憂うつな気分をやわらげ、意欲を高め、また、不安や緊張した気分をほぐす働きがあります。

ルボックスも、副作用が軽減されている分、うつに対する効果があまり強くないので、デプロメール同様、一部では、不評の声があがっているようです。

副作用

副作用も、デプロメールと同様です。

吐き気や眠気、口の渇き、便秘など。

悪性症候群の無動、筋肉のこわばり、嚥下障害、頻脈、血圧変動、発汗、発熱症状などもあります。

さく乱、けいれん、肝障害、低ナトリウム血症、意識障害などの報告があるのも、デプロメールと同様です。


注意事項

デプロメールと同じく、筋弛緩剤との併用を禁じるなどの注意がなされています。

他の抗うつ薬同様に、薬物は肝臓で代謝されるので、肝臓腎障害などの病歴のある方は、医師に報告しましょう。

緑内障を患っている人や高齢者、妊娠中や授乳中の婦人には、投与は避けられます。

ルボックスも、大量に服薬することで死を招くという問題点が改善されていますが、大量に服薬することは、重大な事態を招きかねないので、医師に決められた量を守らなければなりません。

私が初めて処方された抗うつ薬は、ルボックスでした。

特に目立った副作用というものはありませんでした。

医師に決められた服薬量を守れば、よほどのことがない限り、副作用の心配はないものと思います。

私の場合、始めは少量からスタートし、限界量まで増やしましたが、うつに対する効果のほどはあまりありませんでした。



パキシル



特徴

パキシルは日本で2番目に認可されたSSRI抗うつ剤です。

気持ちを楽にし、気分を落ち着かせる働きがあります。

主に、うつ病やパニック障害に処方されますが、強迫神経症・月経前不快気分障害・摂食障害にも用いられます。

パキシルは、意欲を高めるというよりは、不安などで沈んだ気分を穏やかにするという効きめの方が強いと言われています。


副作用

パキシルは、副作用が少ないということで注目されましたが、実際は様々な副作用が報告されています。

一番多いのは、飲み始めの吐き気ですが、その他にも、頭痛・眠気・日中の倦怠感・胃痛・口腔内の渇き・便秘・下痢・性欲の低下・発疹・かゆみ・排尿困難などがあります。

副作用が出ても、大抵は2週間程度でおさまりますが、それを越えてもおさまらない場合は、パキシルが合わない体質である可能性があります。

また、まれに、セロトニン症候群(錯乱・発熱・発汗・ふるえ・痙攣)、肝機能障害(食欲不振・黄疸)などの症状が出ることもあるようです。

注意事項

パキシルは、比較的新しい抗うつ薬として処方されることが多く、実際、多くの患者さんが回復傾向にあるようです。

ただ、完治したといっても、実際服用を止めるときは注意が必要です。

パキシルを止める際は、徐々に服薬量を減らしていく事が必要で、突然止めてしまうと、急激に薬の血中濃度が下がり、反動として離脱症状が出ることがあります。

離脱症状として多いのは、めまい、吐き気、頭痛、不眠、疲労感などがあります。

服薬量を減らしていくときは、必ず、医師の指示に従うようにしましょう。

また、パキシルは、禁断症状がかなり強い薬と言われています。

そのため、一旦服用し始めると、止めるのが大変な薬で、服用を中止するといきなり体調が崩れたという報告が数多くあります。

安全に見えるパキシルですが、実は、禁断症状を伴う危険な薬でもあるということを知っておいた方がよいと思います。

パキシルは、私が4番目に服用した薬です。

ルボックス同様、副作用はありませんでした。

うつに対する効果のほどは、見られなかったので、また次の薬へと移りました。

その際、服薬量を減らすということはしなかったのですが、今考えると、離脱症状を起こしていた可能性もあります。

やはり、薬の服用は十分注意しなければいけませんね。



ジェイゾロフト



特徴

ジェイゾロフトは2006年7月から使用が認めらた、日本で3番目のSSRI抗うつ剤です。

通常はうつ病やパニック障害に使用されます。

ジェイゾロフトは、セロトニン系神経のみに働くという革新的な特徴を持っている上に、その作用が他のSSRIよりも強力であると言われています。

副作用

従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの副作用が少なくなっており、比較的安全性の高い抗うつ薬と言われています。

しかしながら、飲み始めの吐き気はよく現れるようです。

たいてい2週間くらいで軽くなりますが、ひどいときは医師に相談しましょう。

人によってはかえって神経過敏になり、不安感を生じたり、イライラ感や落ち着かない気分になることもあります。

ただ、これも服用開始時にみられる症状で、気にする必要はありませんが、心配なら、医師と相談するのがよいでしょう。

その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適しています。

重い副作用はほとんどありませんが、SSRIの特徴的な副作用として、セロトニン症候群があります。

混乱状態、発汗、ふるえ、けいれん、発熱といった症状が現れることがあります。

副作用が軽減されていることが特徴的なジェイゾロフトですが、不調が続く場合は、やはり、医師に報告することが大切です。

注意事項

ジェイゾロフトは、世界で1番使われている抗うつ薬と言われています。

ジェイゾロフトは、今までのSSRIの中で1番離脱症状が軽く、再発可能性が低いことが臨床試験で明らかになっています。

また、ジェイゾロフトは、作用時間が非常に長いため、1日1回の服用で済むというメリットもあります。

実際に、他の抗うつ薬て効果が見られなかった場合に、ジェイゾロフトに切り替えたり、多種の薬の併用からジェイゾロフト1つに統合するという状況が増えています。

ただ、ジェイゾロフトは、大きな精神病院以外、小さなクリニックでは扱っていないことがあるようです。

注意事項は、他の抗うつ薬とほぼ同様です。

肝臓で代謝されるため、脂肪肝などの肝機能障害を持つ人、てんかんの既往歴のある人、高齢者、妊娠中、授乳中の婦人への投与は基本的に避けられます。

18歳未満の人には、治療の効果と危険性をよく考慮した上で使用が決められます。

ジェイゾロフトは、私が現在服用している薬です。

難治性のうつ、長期の維持療法ということで、ジェイゾロフトを処方されました。

正直、ここまでくれば、何であっても効果は同じような気もしますが・・・

薬が効いているかどうかと問われれば、効いていると言えると思います。

ジェイゾロフトに切り替えたことで、劇的に症状がよくなったということはありませんが、特に憂鬱感を感じることもなく、それなりに快適に暮らせています。

ジェイゾロフトは、他の抗うつ薬で効果がなかったときに処方されるケースが多いようですが、長期にわたる維持療法にも適しているため、これから、徐々に薬を減らし、抗打つ薬なしで過ごせることを期待しています。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン