ヘッダー画像

四環系抗うつ薬

四環系とは、薬剤の分子構造中に連なった環状構造が4つあることに由来しています。


三環系抗うつ薬やSSRI、SNRIと比べると即効性があり、効果の発現が比較的早いとされています。


作用的には比較的弱めですが、副作用が少ないというメリットがあります。


テトラミド



特徴

従来の抗うつ薬は、セロトニン・ノルアドレナリンの放出量を増やして、神経の働気を良くするという作用をするのに対し、テトラミドは、脳内のαノルアドレナリン受容体というセンサーを塞ぎ、脳内にノルアドレナリンが足りないと勘違いを起こさせ、脳内にノルアドレナリンを放出させるという働きをします。

この作用により、うつ病・うつ状態に伴う不安、いらいら、不眠などの症状を改善するとされています。

効能のほどは従来の抗うつ薬にやや劣りますが、効果の発現は早く、即効性があります。

副作用

三環系抗うつ薬に特有の抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。

主な副作用として、眠気、口渇、便秘、めまい・ふらつき、脱力感、発疹、浮腫などが報告されています。

他に、手のふるえ、かすみ目、排尿困難、動悸などもみられます。

注意事項

テトラミドは、副作用の少ない薬ですが、うつに対する効果もあまり強くありません。

比較的、軽度のうつに適しているものと思われます。

一般には、他の抗うつ薬と併用して処方され、テトラミドの作用を増強するという形が多いようです。

副作用は小さいものの、眠気を催すことが多いです。

そのため、就寝前の睡眠導入剤を補強する形で使われることもあります。

私が2番目に服用した薬です。

ただ、その他の抗うつ薬と併用して服用していました。

夕食後のみに服用していましたが、眠気が強く、そのまま寝てしまうことが多かったです。

その翌朝も眠気が抜けず、ふらつくことがありました。

抗うつ薬というよりは、睡眠導入剤として服用する形でした。

抑うつ状態に効果があったという感じはしません。

しかし、しばらくすると、耐性がついてしまい、服用しても眠気を催すことはなくなりました。

その後、約1年以上、服用することはなかったのですが、現在、睡眠導入剤を補強する形で処方され服用しています。



テシプール



特徴

テシプールは、第二世代の四環系抗うつ薬に分類され、テトラミドの流れを汲み、テトラミドの姉妹薬と言われています。

特徴も、テトラミドと同じですが、αノルアドレナリン受容体への作用が、テトラミドよりも強化されています。

ノルアドレナリンの放出量を増やすことにより、うつ病・うつ状態に伴う不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

テトラミドの強化版なので、効果の発現はさらに早くなっています。

ただし、テトラミド同様、効能のほどは従来の抗うつ薬と比べるとやや劣ります。

副作用

副作用も、テトラミドとほぼ同様です。

三環系抗うつ薬に特有の抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。

主な副作用として、眠気、口渇、めまい・ふらつき・立ちくらみ、便秘、けん怠感・脱力感、発疹などが報告されています。


注意事項

テシプールは、テトラミド同様、副作用の少ない薬ですが、うつに対する効果もあまり強くありません。

テトラミドは眠気を伴うことが多いですが、テシプールはさらに眠気が強く出る傾向があるようです。

そのためか、一般に、医師が処方することはまれです。

患者からの要望がない限り、処方されることは珍しいようです。

テシプールを処方するなら、テトラミドで済むという考えなのでしょう。

処方されるときは、他の抗うつ薬と併用して、その作用を増幅させるという形での処方が多いようです。


レメロン



特徴

レメロンは四環系抗うつ薬に分類されますが、NaSSAと呼ばれることもあります。

NaSSAとは、「Noradrenergic and Specific Serotonergic Antidepressant」の略で、訳すと「ノルアドレナリン作動性および特異的セロトニン作動性抗うつ薬」となります。

つまりは、ノルアドレナリン受容体とセロトニン受容体を遮断し、ノルアドレナリン神経と特異的なセロトニン神経を活発化させるという意味になります。

SNRIが、ノルアドレナリンとセロトニンの再取り込み阻害を行うのに対し、NaSSAは直接神経を活発化させる働きがあります。

この働きにより、抑うつ時の気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

副作用

三環系抗うつ薬に特有の抗コリン作用などによる副作用、またSSRIに比べても身体への負担は少ないと言われています。

ですが、、眠気、口の渇き、倦怠感、便秘、体重増加、浮動性めまい、頭痛などの副作用が報告されています。

特に、眠気は、テシプールと同等かそれ以上とも言われており、注意が必要です。

注意事項

レメロンは、四環系抗うつ薬のなかでも、進化した薬で、その薬効が期待されています。

特に、不安と緊張、不眠に効果があると言われています。

服用も就寝前の1回で済むというメリットがあります。

ただし、目覚めた後の眠気が強く出ることも多く、体質的に合わない人もいるようです。

レメロンは、私が9番目に服用した薬です。

主治医から、非常に評価のよい薬ということで、処方されました。

ですが、効果のほどはあまり見られませんでした。

服用しても、そんなに眠くはならないのに、起きるのが非常につらかったです。

怠さが一日中抜けないこともありました。

そのため、服薬を中止することになりました。

ただ、レメロンは、その有効性は臨床実験で証明されており、劇的に症状が改善したという報告も数多いので、これから、メジャーな抗うつ薬として、広く普及する可能性はあると思います。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン