ヘッダー画像

三環系抗うつ薬

比較的古くからある抗うつ薬で、第1世代、第2世代抗うつ薬とも分類されます。


化学的構造が、ベンゼン環という有機化合物を両端に含む環状が3つあることが特徴で、これをもって三環系という名称が使われています。


神経細胞受容体に作用し、うつ状態によって不足したノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質を増やす働きをします。


うつ病に対する効果は強いですが、その反面、副作用も強い抗うつ薬です。


トフラニール

トフラニール

特徴

トフラニールは第一世代の三環系抗うつ薬と呼ばれ、世界初の抗うつ薬とされています。

歴史は古いですが、効果は強力で、今日も使用されています。

脳内のセロトニンに直接働いて、感情の調節をしますが、高揚作用があり、さらに自律神経を安定させる作用があります。

これらの作用により、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。

また、膀胱の運動を抑える働きも有しているため、小児の心身症的な原因による尿失禁の治療にも用いられることがあります。

副作用

倦怠感、眠気、かすみ目、口の渇き、筋肉のこわばり、便秘、排尿困難、発疹などがあります。

ときに心臓の刺激伝導障害、肝障害を起こすこともあります。

抗うつ薬は、セロトニン、ノルアドレナリンにだけ働けばいいのですが、三環系の抗うつ薬は、アセチルコリン受容体というものにまで結びついてしまい、その結果、余分な副作用を起こしてしまいます。

これは、三環系抗うつ薬に共通する特徴で、「抗コリン作用」と呼ばれます。

注意事項

うつに対する作用が強く、効果が期待できますが、副作用も強く出るのが欠点です。

また、効果が現れるまで少し時間がかかります。

飲み始めや増量時に、かえって気分が不安定になるときは、早めに医師と相談しましょう。

眼圧が上昇し、病状が悪化するおそれがあるため、緑内障のある人は禁止されています。

前立腺肥大症や心臓病、てんかん、低血圧のある人も、病状の悪化に注意するなど、慎重に用いらなければなりません。

トフラニールを始めとした三環系抗うつ薬の致死量はとても少ないので、大量服用によって死を招く恐れがあります。

そのため、大量服用による自殺などに使われる例も報告されています。


アナフラニール

アナフラニール

特徴

アナフラニールも第一世代の三環系抗うつ薬に分類されます。

トフラニール同様、脳内のセロトニンに直接働いて、感情の調節をし、自律神経を安定させます。

アナフラニールは、特にセロトニンに対して、強力に作用する働きがあります。

最近では、SSRIやSNRIなどの新しい抗うつ薬が出てきたため、その影が薄くなりつつありますが、長年使われてきたということもあり、バックデータが多く、安心して使用できる側面があり、処方する医師も少なくはありません。

特に、強迫性障害にはかなり有効とされており、実際、アメリカではアナフラニールは抗うつ薬としての認可は受けておらず、強迫性障害の薬として使用されています。

また、膀胱の運動を抑える働きも有しているため、小児の心身症的な原因による尿失禁の治療にも用いられることがあるのは、トフラニールと同じです。

副作用

効き目が強い反面、副作用も強く出る傾向にあります。

一般的に、眠気や倦怠感、睡眠障害、血圧の降下、口やのどの渇き、発疹、下痢、便秘などがあります。

副作用が強く出ると、横紋筋融解症、肝障害、不整脈などの症状もあり、注意が必要です。

注意事項

トフラニール同様、作用が強く、効果が期待できますが、副作用が出やすいのが欠点です。

効果が現れるまで、時間がかかりやすいのも同じです。

緑内障のある人は禁止されています。

前立腺肥大症や心臓病、てんかん、低血圧のある人も、病状の悪化に注意しなければいけません。

トフラニール同様、大量の服用で死を招くので、自殺願望が強い方などは、万が一に備えて、アナフラニールを身内の人、信頼できる人に管理してもらうなどの措置が必要ではないかと思います。

アナフラニールは、私が5番目に服用した薬です。

ルボックス、トレドミンと、効果がなかったので、三環系の抗うつ薬を試してみようということで、アナフラニールになりました。

副作用はありませんでしたが、効果のほども見られませんでした。

ただ、服用中に引っ越しをしたので、服用した期間は2週間程です。

ですので、はっきりとした効果のほどは分からずじまいです。



ノリトレン

ノリトレン

特徴

ノリトレンも第一世代の三環系抗うつ薬に分類されます。

脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの流れを良くして、意欲を高めたり、不安感を和らげる働きをします。

ノリトレンの特徴は、不安や焦燥を取り除くというよりは、意欲を高める方向に作用することです。

ノリトレンはトリプタノール(後述)の流れを汲んでおり、トリプタノールの代謝物が成分であると言われています。

また、ノリトレンは、最強の高揚系抗うつ薬であると言われており、服用後、約1時間程度で最高血中濃度に達し、人によっては一気にハイテンションになることがあるようです。

ノリトレンには、緊張などをほぐす作用もあるので、うつ病に限らず、 片頭痛やパニック障害、摂食障害などの症状の緩和にも、応用的に使われることがあります。

副作用

抗コリン作用による、血圧低下、動悸などが起こることがあります。

手のふるえ、不安、不眠、いらだち、幻覚、口渇、視力の調節障害、発疹、食欲不振、吐き気なども起こることがあり、注意を要します。

また、抗コリン作用により、腸の運動が活発になってしまうと、大腸で水分が吸収されすぎてしまい、 便の水気が無くなり、便秘に陥るケースも多いようです。

注意事項

効果は強いですが、副作用も強いのが欠点です。

特に、副作用は、トフラニール、アナフラニールより強い場合が多いので、注意が必要です。

ノリトレンの服用により、眠気が生じることもあるので、服用後は、車の運転や危険な高所作業などは避けましょう。

強力な抗うつ効果が期待できるけれども、副作用も強いというのが、ノリトレンの特徴と言えると思います。

ノリトレンは、私が6番目に服用した薬です。

約1週間後に、急に調子がよくなりましたが、これは環境の変化の方が大きかったのだと思います。

ノリトレンを服用中に、また引っ越しをしたのですが、調子が悪くなってしまいました。

その後も、服用を続けていましたが、一向によくなりませんでした。

環境の変化の要因の方が大きかったのでしょう。

副作用として悩まされたのは、便秘です。

便が固くなり、排便をするのに、かなり苦労しました。

便を柔らかくする薬をもらい、約1ヶ月服用した後は、便秘は治まりました。

私にとっては、抗うつ薬の副作用を初めて経験した薬です。



トリプタノール

トリプタノール

特徴

トリプタノールも第一世代の三環系抗うつ薬に分類されます。

脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくすることで、不安感をやわらげ、気分を穏やかにします。

一部では、トリプタノールは最強の抗うつ薬とも言われています。

また、トリプタノールは鎮静効果が強く、緊張などをほぐす作用もあるので、うつ病に限らず、頭痛や神経痛、パニック障害、摂食障害などの症状の緩和にも応用的に使われているようです。

副作用

主な副作用は、口の渇き、眠気、めまい、立ちくらみ、便秘などです。

ただ、最強の抗うつ薬と言われるだけあって、その反面、副作用も最強だと言えるでしょう。

特に、トリプタノールがアセチルコリン受容体と結びついてしまうと、心臓の動きが抑制されて胸が痛くなったり、内臓の筋肉の収縮を促してしまいます。

その他にも、「抗ヒスタミン作用」という副作用もあります。

過敏になった神経を鎮静化させる働きですが、これが悪い方向に出ると、倦怠感や眠気が強く出てしまいます。

トリプタノールは、効用は幅広く、効き目も強いですが、その副作用にも十分気をつけなけいといけません。

注意事項

ノリトレン同様、効果は強いですが、副作用も強いのが欠点です。

上述の通り、副作用は半端なものではないので、十分注意しましょう。

副作用がひどいときは、すぐに、医者に相談すべきです。

また、トリプタノールは最強の抗うつ薬と言われることから、トリプタノールで症状が改善しなければ、うつ病以外の病気を疑った方がよいかと思います。

トリプタノールは、私が8番目に服用した薬です。

ただ、抗うつ剤というよりは、睡眠導入剤として処方されました。

服用した感想は、やはり副作用が強いということです。

朝、起きると、眠気がとれず、夕方くらいまで怠くて仕方ありませんでした。

うつに対する効果はあったと思いますが、単に怠くて、うつを感じなかっただけなのかもしれません。

あまりにも、怠さがきつくて仕方がなかったので、量を減らしてもらいましたが、怠さは抜けませんでした。

それでも、結局、引っ越しをするまで、約8ヶ月服用しました。

それ以外の副作用は、特に見られませんでした。

重い倦怠感さえなければ、いい薬だったのかもしれないと思うところはあります。



アモキサン

アモキサン

特徴

アモキサンは第二世代の三環系抗うつ薬に分類されます。

抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。

効果の発現は比較的早くなっていますが、第一世代よりは効果が弱い抗うつ薬です。

アモキサンのは、抑うつ気分を鎮めるというよりは、 意欲を欠いた状態のときに、意欲を高める効果が強いとされています。

うつ病のほか、パニック障害や過食症、さらには、片頭痛や神経痛の治療に使われることもあるようです。

副作用

三環系抗うつ薬としては、副作用が少ないほうです。

主なものは、口の渇き、眠気、めまい、立ちくらみ、便秘などがあります。

その他、手のふるえ、かすみ目、排尿困難、動悸などの症状が出ることもあるようです。

また、意欲を高める効果が強いため、夜になかなか寝付けないという症状も報告されています。

注意事項

アモキサンは、第一世代の抗うつ薬の、口が渇く、便秘、立ちくらみ、吐き気などといった副作用がかなり軽減されています。

効果の発現も早く、数日で改善したという例もあるようです。

しかし、服用して、逆に症状が悪化したという報告も数多くあります。

アモキサンは、合う人と合わない人がはっきり分かれる薬のようです。

症状が悪化した場合は、すぐに、主治医に相談すべきでしょう。

アモキサンは、私が7番目に服用した薬です。

特に副作用もなく、症状が悪化するということもありませんでしたが、効果のほどはよく分からない薬でした。

それでも、主治医の指示で、ずっと服用し続けました。

約1年以上、服用しましたが、途中で、前述のように、トリプタノールが追加されました。

決して、調子がよくなったというわけではないですが、小康状態が続いていた感じです。

劇的によくなったという話もよく聞きましたが、私には、そこまでの効果はありませんでした。

それでも、うつの症状がひどくなるということはなかったので、ある程度効き目があったと言えるかもしれません。



アンプリット

アンプリット

特徴

アンプリットは第二世代の三環系抗うつ薬に分類されます。

アモキサン同様、抗コリン作用などによる副作用が軽減されています。

脳内のノルアドレナリンやセロトニンの量を増やして、感情の調節と意欲の高揚に作用します。

自律神経を安定させ、抑うつ状態を改善しますが、第一世代よりは効果が弱いです。

副作用

アモキサン同様、三環系抗うつ薬としては、副作用が少ないですが、血圧低下や頻脈、手のふるえや筋肉のこわばり、口の渇き、便秘などの症状が現れることがあります。

その他、排尿困難、視力の調節障害、発疹などの過敏症状などが起こることもあります。

注意事項

24歳以下の人に対しては、治療の効果と自殺企図の危険性をよく考慮した上で、使用が決められます。

これは、アンプリットの服用により、かえって悪い衝動を引き起こすおそれがあるとの報告があるためです。

また、双極性障害(躁うつ病)においても逆効果になることがあるので、一般的なうつ病との見極めが重要となります。

特に、自殺念慮のある人の服用量は最小限にされるなど、慎重な処方がなされます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン