ヘッダー画像

薬物療法

うつ病の治療で、最も一般的なのが、薬物療法です。


出される薬は、抗うつ薬、睡眠導入剤、場合によっては、抗不安薬、抗精神病薬なども処方されることがあります。



患者といえども、それぞれの薬の特徴・作用・副作用を各自でチェックしていくことは重要です。


以下、それぞれの薬について、説明していきたいと思います。



主として、うつ状態の軽減を目的とする薬です。



大きく分類すると、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、MAO阻害薬となります。



一般に、SSRI、SNRI→四環系→三環系となるに従って、うつに対する効果は大きくなりますが、副作用も大きくなります。



MAO阻害薬に関しては、ある種の患者さんにはよく効くそうですが、副作用により使いにくいこともあり、現在日本で流通しているものはありません。



どの薬も、すぐに効果が現れるものではなく、2週間~1ヶ月程の期間を要します。



以下、代表的な抗うつ薬を紹介します。



三環系抗うつ薬


比較的古くからある抗うつ薬で、第1世代、第2世代抗うつ薬とも分類されます。


化学的構造が、ベンゼン環という有機化合物を両端に含む環状が3つあることが特徴で、これをもって三環系という名称が使われています。


神経細胞受容体に作用し、うつ状態によって不足したノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質を増やす働きをします。


うつ病に対する効果は強いですが、その反面、副作用も強い抗うつ薬です。


全文を読む


四環系抗うつ薬


四環系とは、薬剤の分子構造中に連なった環状構造が4つあることに由来しています。


三環系抗うつ薬やSSRI、SNRIと比べると即効性があり、効果の発現が比較的早いとされています。


作用的には比較的弱めですが、副作用が少ないというメリットがあります。


全文を読む


SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)


うつ病の原因は未だ解明されていませんが、脳内のセロトニンとノルアドレナリンという2種類の物質が大きく関与していると考えられています。


セロトニンは、神経細胞内で作られる神経伝達物質で、脳内に放出されると、同じ神経細胞に再度取り込まるという性質があります。


正常であればこのバランスが保たれていますが、セロトニンが低下してくると、うつ病やパニック障害を引き起こすとされています。


SSRIは神経細胞に蓋をし、セロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のセロトニン量を増やす働きをします。


SSRIが、他の抗うつ薬と大きく違うところは、セロトニンにのみ作用することです。


従来の薬はセロトニン以外にも作用するため、副作用が出る場合が多かったのですが、SSRIは、従来の薬に比べ、副作用が少ないのが特徴です。


全文を読む


SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)


SSRIがセロトニンに働きかけるのに対して、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの両方に作用しますす。


脳内でセロトニンが減少すると、不安や焦燥感、気分の落ち込みといった症状が出やすく、ノルアドレナリンが減少すると、気力や意欲、行動力が低下すると言われています。


第4世代の抗うつ薬として、日本でも発展途上の分野ですが、意欲の低下した人には劇的な効果が現れていることも多いようです。


全文を読む



抗不安薬は、脳神経に作用し、不安、緊張を和らげる薬です。


日常生活に支障が出るほど、不安や緊張が強い場合に処方されます。


うつ病の治療としては、抗うつ薬を補強する形で、併用して処方されることがほとんどです。


睡眠時の緊張を緩和させる事から睡眠薬として利用されたり、症状によっては内科などでも処方され、手術の麻酔用として使われるなど、応用範囲の広い薬でもあります。


一般に、抗不安薬は、うつ病を根本的に治すという効果はありません。


平たく言えば、日々の不安感をその場しのぎで解消するものです。


あくまで、抗うつ薬の補助的な役割を担うものということを理解した上で、使用するという姿勢が大切だと思います。


全文を読む



睡眠薬と言ってよいと思いますが、睡眠薬というと、自殺に使われたり、中毒性があってやめられなくなるなどのイメージがあり、睡眠導入剤という言葉が用いられるようになったようです。


確かに古い薬だと、中毒性があり、大量摂取によって死を招いたりすることがありましたが、今は、ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬が開発され、医師の指導の元、使い方をあやまらなければ、危険なものではありません。


ただ、医師によっては、昔の作用の強いものを睡眠薬、現在のベンゾジアゼピン系のものを睡眠導入剤と区別することもあります。


睡眠導入剤は、ベンゾジアゼピン系のものが一般的ですが、新しい非ベンゾジアゼピン系のものもあります。


作用時間によって、超短期作用型、短期作用型、中期作用型、長期作用型と分けられることが多いです。


睡眠導入剤は、感情を安定させ、覚醒中枢への刺激を減少させることによって、睡眠中枢の働きを強くし、入眠へと導きます。


睡眠導入剤と同時に抗不安薬を処方されることも多く、また、抗不安薬もベンゾジアゼピン系のものがほとんどなので、抗不安薬が睡眠導入剤として用いられることもあります。


睡眠導入剤を服用すれば、大抵の人は眠ることができます。


しかし、睡眠導入剤に頼りきってしまう、依存してしまうのは、避けた方がよいでしょう。


睡眠導入剤に限ったことではないかもしれませんが、私の経験上、仕事や授業のない日は、睡眠導入剤を抜いて、寝る訓練をすることも非常に大切なことだと思います。


全文を読む



ジェネリック医薬品とは、厚生労働省が先発医薬品と同等と認めた医薬品のことです。
先発医薬品の特許満了後に、有効成分、分量、用法、用量、効能が、先発医薬品と同等の医薬品として新たに申請され、先発医薬品より安価で製造・販売されます。


両者の間に品質的に大きな違いはありませんが、先発医薬品開発に10~15年の歳月と数百億もの投資が必要といわれるのに対して、ジェネリック医薬品の開発期間は3年ほどという違いがあります。
そのため、ジェネリック医薬品の価格は、平均すると先発医薬品の約半額に抑えることが可能になっています。


全文を読む

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン