ヘッダー画像

まずは病院へ

うつ病かなと思ったら、何はともあれ、まずは、心療内科、精神科の病院へ通うことです。
精神科と聞くと、敷居が高く感じるかもしれませんが、実際に通ってみると分かるように、内科や外科の病院となんら変わっていることはありません。


医師の診察を受け、その判断に任せればいいだけです。
たとえ、うつ病でなかったとしても、医師は適切な処置をしてくれます。



ただ、病院選びは慎重に行った方がいいでしょう。


私の経験から、総合病院の精神科はあまりオススメできません。
長い時間待たされたあげく、診察時間は後がつかえてるため、非常に短いという所が多いからです。


できれば、大きめの精神科のクリニックに通うのがベストだと思います。


うつ病の治療は、一般的には、まず薬物療法から始まることが多いです。


軽~中程度のうつなら、医師の指示に従い、薬を服用し続ければ、大抵の場合は治ります。


注意すべき点は、自分の判断で、薬を飲む量を増やしたり、減らしたりしないことです。
必ず、医師の指示に従うようにして下さい。


軽~中程度のうつなら、薬物療法で、通勤、通学しながらでも治る余地はありますが、症状が重いと、薬物療法だけでは治らないこともあります。
そういう時は、カウンセリングを行ったり、絶対的な休養をとるため、休職や休学という措置が必要となる場合もあります。


また、薬物療法においても、薬は様々な種類があるため、ある薬は効かなくても、また別の薬だと効くということがあります。
そのため、薬物療法では、自分に合う薬を探すため、色々な薬を服用させ、模索することもあります。


私の経験では、実に様々な薬を巡回しました。
しかし、結局、自分に合う薬というのは見つかったとは言い難いというのが、正直なところです。


そのため、「難治性うつ病」ということで、入院を勧められました。


「難治性うつ病」とは、長期間に渡ってうつ症状が続き、改善が見られないときに使われる名称です。
ただ、「難治性うつ病」という特定のうつ病があるわけではなく、長期間に渡ってうつ症状が続いた結果のことを指します。


「難治性うつ病」は、医師の処方に問題がある時も多いです。
患者との対話をろくにせず、なかなか改善しないからといって、薬の量や種類を増やしていく・・・


私の場合は、まさにそんな感じでした。
原因は、住んでいる環境にあり、薬の力ではどうすることもできない部分があったのです。


薬物療法で、長期間、うつ症状が改善しないという方は、原因を他に探した方がよい時があるわけです。
もちろん、薬物療法では、薬の服用は医師の指示に従わなければいけませんが、「難治性うつ病」のケースでは、根本の原因が取り除かれない限り、薬を服用し続けても治る見込みは少ないです。


薬を服用し続けても、うつ症状がなかなか改善しないという場合は、上記のことも疑ってみる必要があるでしょう。


医者にかかることがうつ病治療の第一選択ですが、医者といえども、決して万能ではないということは、注意してほしいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン