ヘッダー画像

傷病手当金・障害年金受給大辞典 社会保険労務士さんが教える確実に受給できる方法

「うつ病で休職することになった」

「重いうつ病で会社を退職せざるを得なくなった」


もし、こういう状態になったとき、
最も心配になるのは、
どうやって収入を確保したらよいのか?
ということだと思います。

かつての私がそういう状態だったのですが、
先のことを考えず、何の対策もとらなかったことを猛烈に後悔しています。

他の記事でも述べましたが、
うつ病患者さんのための公的支援制度である、

・傷病手当金

・障害年金

は、必ず受給するようにしましょう。


ただ、そうは言っても、申請して必ず受給できるというものではありません。
特に、障害年金の2級は、審査が通るのがかなり難しいとされています。

私のところにも、ごくまれに、この手の質問が来るのですが、
ろくに回答することはできません。
やはり、私は専門家ではないですからね。


傷病手当金や障害年金の受給には、
社会保険労務士さんに頼むのが、最も確実です。

その道の専門家なので、事情に通じていますし、
実際、申請の手続きから受給まで全てを代行してくれます。


ですが、ネックとなるのは、料金。

1回30分の相談料で、数万円かかることもあります。
うつ病で精神が不安定な状態では、
それだけのお金をかけるのに躊躇してしまう方もいるかもしれません。


そういう方にオススメしたいのが、

「傷病手当金・障害年金受給大辞典」




129ページのPDF冊子となっており、
傷病手当金と障害年金を受給するためのノウハウが詰まっています。

しかも、販売者さんは現役の社会保険労務士さん。
126ページのテキストだけでなく、
6か月間の無制限のメールサポートでバックアップしてもらえます。

価格の方も、社会保険労務士さんの1回の相談料ぐらいの料金なので、
かなり良心的です。

私が会社を休職し、辞めてしまったときに、
この教材があったらなぁと思ってしまいますが。

実際、私の知り合いのうつ病患者さんは、
このプログラムのおかけで、障害年金2級を受給することができているんですね。


社会保険労務士さんという専門家なので、
6か月のメールサポートをフル活用し、
何か悩みごとがあれば、どんどん相談すればよいと思います。

傷病手当金や障害年金の相談に限らずですね。

現役の社会保険労務士さんの6か月のサポートが受けられることを考えると、
ちょっとあり得ない価格だと思います。

そして、マニュアルとサポートを受けながら、
確実に、傷病手当金と障害年金を受給できるようにしましょう。

会社の休職や退職で、
これからの収入面に不安があるという方には、オススメのプログラムです。


>>詳しくはこちら<<

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン