ヘッダー画像

寝付けないときの対処法 就寝前のちょっとした食事

「うつ病はかなりよくなったけれども、なかなか寝付けないときがある」

「睡眠導入剤を飲んでも、熟睡できないことがある」

つい最近まで、そういうことがよくありました。

そのため、マインドガードDXを試してみたわけなんですが。
現在のところ、私には効果があるようで、順調に不眠は改善されています。

とはいえ、日によっては、ちょっと寝つきが悪いときがあったりすることも事実。
息子が風邪を引いて心配になったときなどですね。

で、どうしても寝付けないときや、
普段から不眠に悩まされている場合は、
寝る少し前に、夜食をとるのがよいとされています。

空腹の状態だと、血糖値が低くなり、
眠りにつくことが難しくなるんですね。

寝る前に何か食べ物を口にし、
寝付きやすくするようにしている方は多いみたいです。

もちろん、あまりたくさん食べてしまうと、内臓に負担をかけるのでよくありません。

ですので、寝る前に少量の食事をするのがよいでしょう。

では、どういったものを食べるのがよいのかと言いますと、

・ホットミルク

・ゆで卵

・チーズ

などなど。

要は、タンパク質を取るのがよいということです。

炭水化物系の甘いものなどを食べるのも決して悪いことではないと思いますが、
低血糖症を招く恐れがありますしね。

たまになら、炭水化物を取ってもOKというところかなと思います。

私も、今日は寝付けないなぁ~というときは、
就寝前に食べ物を食べるときはあります。

ただ、牛乳が苦手なので、代わりにヨーグルト、
その他はチーズを食べることが多いです。

ごくたまに、インスタントラーメンなどを食べてしまうこともありますが、
それでも、ゆで卵やワカメなどを入れて栄養価を高めるようにしています。
ただし、これは本格的な夜食というレベルなので、
さすがに食べ過ぎかなと思っています。

なので、どうしてもお腹が空いて仕方ないというときだけ、
わりとがっつり目に食べることはあるものの、
できるだけ、食べる量は少量にしています。


では、効果のほどはどうなのかというと?

やはり、結構寝つきはよくなりますね。
これは、不眠症の方だけでなく、一般の方にも当てはまるようです。
人間の体内のシステムがそういう風にできているからでしょう。

あと、注意しておきたいことは、
睡眠導入剤服用後に食事をしてもよいのか?というところです。
特に、ドラールなどは、服用後食事をすると、薬の作用が強く出て、
翌日にふらつきやだるさを感じることがあるとされています。

ですが、これも程度の問題で、
少量の食事なら、そんなに大きな問題にはならないと、個人的には考えています。
薬剤師さんによっては、絶対ダメと言う方もいるようですが、
多少の食事なら構わないという方もいますし。

この点に関しては、自己責任としか言いようがないですが、
私の場合は、今まで大きな問題になったことはないですね。


いづれにせよ、

・食べ過ぎてはいけない

・タンパク質を中心に摂取する


この2点を押さえておけば、だ丈夫かなと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ

アルブチン